サイタ音楽教室ドラム教室東京 バズライトドラムスクール スクールブログ 最初の壁

最初の壁

ドラムを始めて最初にあたった壁が速さでした。

当時メロコアブーム真っ只中。

そこら中の高校生がドッパドルパッとスラッシュビートを叩いていました。

ただ速さに僕はついていけず困り果てていました。

それで考えた末いたった結論は数を抜いて少なくしたわけです。

用は簡単にして、例えば1秒間に6回叩かないといけないところを3回に減らしたようなもんです。

ある意味ずるですね笑

それでもなんとかそれなりに聞こえるのでとても楽しかったです。

もしこれからドラムを始める人でそういう壁にあたった際は最初は簡単にしても大丈夫なのでまずは楽しみましょう!

 

(2012年1月9日(月) 0:52)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

自身のバンドにサポートに精力的に活動中!ドラム歴10年のユーモア先生

新着記事

いやーー! 僕のバンドCRACK BANQUET(クラックバンケット)がレッドブルライブオンザロードというレッドブル主催のコンテストに出ていました。 WEB予選から、名古屋での準決勝、そして渋谷AXでの決勝。 EACH OF THE DAYS、 Ashley Scared T...

今日はバスドラのペダルのオーバーホールをした。 約2年ぶりくらい。 バラバラにして綺麗にふきふき。 そしてグリスを挿し直して組み立てる。 前にハンズで買った一式の出番。 計1時間くらいかかったけどご機嫌ななめだった僕のペダルもすっかり元通り。 ...

これから楽器を始める皆さんの少しでも参考にしてもらうためドラムの良いところをあげていきます。 1.あまりやってる人が少ないためバンドを組みやすい いろんなバンドから依頼されたり大人気です。 2.意外と簡単なのにドラムやってない人から、手足がバラバラに動いてすごーいと感...

ドラムを始めて最初にあたった壁が速さでした。 当時メロコアブーム真っ只中。 そこら中の高校生がドッパドルパッとスラッシュビートを叩いていました。 ただ速さに僕はついていけず困り果てていました。 それで考えた末いたった結論は数を抜いて少なくしたわけです。 用は簡単に...

体験レッスンの時にドラムを始めようと思ったきっかけを聞いていますが今日は僕のきっかけを話します。 中学生の時に友達に進められ聞いた1枚のCD。 オフスプリングというパンクバンドでした。 僕は衝撃を受けました。 なんてかっこいい音楽なんや!と。 その友達がギターやってい...

ブログ記事 ページ先頭へ