サイタ音楽教室ドラム教室東京 All round Drum スクールブログ 新年より!

新年より!

遅いですが明けましておめでとうございます!昨年は大きな悲しみが起きた一年となりましたがみんなで立ち向かっていきました。今年も一丸となって立ち向かっていきましょう!

そんな中、アメリカよりJohn Blackwell(宇多田ヒカル、プリンス、ジャスティン・ティンバーレイク)が来日しプライベートクリニックを開催してくれました。お会いするのは4度目だけど、いや~また強力になっていやがる(笑)
今後、一般公開できるように話していきたいですね。

今回クリニックでJohnが話していたのは
・シンプルに叩くこと。他のプレイヤーがいる中、土台であるドラムがドライブしないでテクニック披露の場になってしまったら意味がない。歌って他のプレイヤーのハートを感じ取ること。(ここ重要です)
・練習はゆっくりから。早いとなんとなく出来てしまったような感じがするので、まずは正確に叩いたうえでテンポアップを図ること。

言うことはみんな同じ。それだけ最重要事項だということ。
年明けから元気をもらいました、練習しよう!
来日してすぐだったから食事会ではさすがにお疲れモード(笑)ゆっくり休んでくださいね~。
Thanks!John!

kanze

新年より!新年より!

(2012年1月7日(土) 23:29)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

カルチャースクールで指導中!全国のジャズ・ロックイベントにも参加

新着記事

足に関してよく質問を受けるので参考にしてみてください。 足も基本的に手と同じ考え方で、安定して踏むには ①足全体を使って ②ビーターの動きを一定に揃え ③ペダルの動きを妨げずリバウンドコントロールすること が重要です。ゆっくりなときほど一打一打しっかり踏み込み、早くなるにつれてその動きを...

前回のブログで記載したライブが終了し安堵しています。東京と大阪のツアーの間に所用でニューヨークに行っていて強行スケジュールでした(笑) ニューヨークで本場のブロードウェイ・ミュージカルを見てきてスケールの大きさに感動しています。藤原紀香さんも勉強のために見に行ったそうですね。 ドラムや...

皆さんバタバタしているんじゃないでしょうか。 そんななかですがライブも行うので遊びに来てみてください。大先輩の胸を借りてきます。 DER ZIBET ワンマンツアー ROMANOID TOUR ~from twilight 今回、ドラマー:MAYUMIさんに代わって急遽参加する...

自分で試して考えよう!! 無責任になるのでやめます(笑) 各メーカーから様々なペダルが出ているので試せる機会も多いと思います。まずは自分がしっくり踏めるものが大前提になるので参考程度に。 ・フットボードの大きさ・厚さは、大きいとその重みもあるので一打が強く、薄く小さい...

昨日はレコーディングでした。4月に発売しますのでまた詳細が出たらBlogに書きます。 レコーディングでは音決め8割の演奏2割という時間のかけ方になりました。大体のレコーディングは音作りで時間を費やすことになります。 自分の作った音を聞いてもらい、作曲者や歌い手と曲への方向性が違っていた...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、ドラムレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ