全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室神奈川 MTS drum school スクールブログ どもども。

どもども。

あけましておめでとうございます!
皆々様、今年も宜しくお願い致します(^O^)

前回、どうしたらノリが出るのか・・・というテーマに、
「バカになれ」という雑な回答で
終わらせてしまいましたが
今回はその曲の中で一番バカになる為の手順を
簡単に説明します。

まず、ご存知の通り音楽は
「小節・拍」という縦軸と
「時間」という横軸から成り立っています。
メロディ・ハーモ二ーは今回は置いときます(笑)

好きな曲に合わせてなんとなく
手拍子をしてみてください。
その叩いているタイミングの所が
拍だったり、小節だったり、つまり縦軸。
「今何小節目??」というのを感じながら
普段聴いている曲を聴いたりすると、
曲の骨組みが見えてきておもしろいですよ☆

リズムとはその拍・時間という縦横が同居する中で
静と動を産み出して躍動感を強調するのも仕事の1つ。
叩くのは好きなタイミングで叩いていいのですが、
その曲に合わせて手拍子した時、どこで叩くと
おいしいか、しっくり来るかという事を
かみ締めながらリズムを感じ演奏する事が大事です。

物凄い細かい音符の羅列が連なるフレーズが曲中で
あったりする曲もありますが、
演奏している本人は、流れる時間の中で
そのおいしい所を感じながら叩いている訳です。
逆にそのおいしいところ、曲の肝を理解せずに
ビートを送り出してしまうと、
一緒に演奏する他のメンバーや聴いてくれるお客さんを
がっかりさせてしまう要因にもなる訳ですね。
逆を言えば、その肝を捉えてビートを送り出せば
「おぉ、こやつ・・できる。」と唸らせる事ができます。

さてさて唸らせる為に肝を掴む訳ではないですね(笑)
曲の肝を捉え、考えながら演奏するだけではダメですよ。
その肝を「楽しむ」という事を忘れずに♪
それがノリですっ!!

つまり同じ「ノリ」で「時間」を共有できれば
あなたもHAPPY、みんなもHAPPY、
HAPPY NEW ・・・

↑この文章見て鳥肌立った人、
次回はそのサブイボが立ってる腕の
筋肉の使い方についてですっ♪
(筋肉ヲタクではありません。むしろプヨッと・・orz)
サッカー部の時もフィジカル嫌いだったなぁ・・・
(ちなみに僕の写真のユニフォームはラツィオっていう
チームのです<昔の>(襟ついてるからね笑)

 

(2012年1月4日(水) 21:42)

前の記事

この記事を書いたコーチ

韓国・フランス・ドイツなどで海外公演を経験!フォーク~ジャズ・ロック

ブログ記事 ページ先頭へ