全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室神奈川 どらむスクール☆革命 スクールブログ クリックのお話...

クリックのお話し。

いやぁ~!この講師blog、すっかりご無沙汰でした(・・;)。
さて、講師のお仕事をさせて頂くようになってから、
約4ヶ月ほどが経ちました。
当初 想像していたよりも、多くの生徒さんと接するコトが出来て、嬉しい限りですね。
ありがとうございます!
いろんな意味で“教えるコト”への難しさを実感しつつも、独自のレッスンを確立すべく、日々奮闘してまっす。
今後も、生徒さんとの出会いが楽しみですっ!

話し変わって…
今日は、クリックのお話しなんぞを。
まぁ、これも人それぞれではあるんですけどね。
オレは、普段 ライヴの本番以外は、100%クリックを聴いて叩いています。
たとえセッションバンドのリハでも聴きます。
よほど嫌がられない限りは…ですけどね(笑)。
以前は、レコーディング前のリハーサルでしか、使用してなかったのですが、3年ほど前から全てのリハーサルで使うようになりました。
理由は細々とあるワケですけど、要はリズムの安定感を強化させたかったんですよ。

その練習の中で、クリックに合わせるのではなく、いかにクリックを自分の間に引き寄せられるか!? という意識が重要だと気付きまして…。
時間はかかったけど、“合わせる”のではなく、クリックに“のせる”という感覚を掴めたワケです。
コレが、以後のレコーディングやライヴで、確かな結果となって出てくれたので、そのやり方と掴んだ感覚に確信を持てましたね。

よく“グルーヴ”と“単なるリズムの揺れ”を、はき違えてるケースがあったりしますケド…。
まずは、クリックに左右されずに叩けるリズム感なくして、グルーヴなんぞ有り得ないだろっ!
と、思うワケであります。
って言うのも、コレが出来ないと まともなレコーディングは、まず出来ないからねぇ。
安定したグルーヴ感を養うための基本!と言ってもいいくらい大切なモノだと思いますよ。

そんな感じで、ウダウダと書いてみましたが…
オレもまだまだ…!な部分は多々あります。
タイコ辞めるまで、これは変わらないでしょう。
ただ、叩き続ける以上は少しずつでもいいから上手くなり続けたい!という欲求もまた、変わらないと思うのでね。
究極の目標でもある“絶対的な安定感”に辿り着くまで、日々 自分のリズムにムチ打つのであります。
皆さんも、楽しみつつ頑張りましょう(^o^)/!!

 

(2011年12月2日(金) 11:15)

前の記事

この記事を書いたコーチ

ヘビーロックバンドにてアルバムを10枚リリース!サポート等の経験多数

ブログ記事 ページ先頭へ