全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室神奈川 どらむスクール☆革命 スクールブログ コピーの大切さ

コピーの大切さ

さて、今回はコピーの大切さについてのお話し。
どの楽器もそうだけど、身につけなきゃならん基本って
いろいろあると思うけど、それを身につける練習方法は、
人それぞれにいろいろな形があると思うワケです。

タイコで言うならば…
ただ練習台で、パタパタ叩くだけが練習じゃない。
もちろん!必要な練習の1つであるコトは間違いないけど
方法は“それだけ”じゃないんですよ。
実際、練習パッドと、実際のタイコではタッチがまるで
違ったりするでしょ?
必ずしも実戦向きとは言い難いかなとも思うワケです。

オレが思うに…
まず、一番の練習環境はバンドで合わせるコト!
それが出来ない場合は、曲の中で練習するコト!
なんだよねぇ。
1人での練習では叩けても、さぁ!いざバンド練習で…
となると、思うように叩けない!って経験ありません?
複数のパートで合わせても、ちゃんとイメージ通りに
叩けて初めて曲をクリアした!と言えるんじゃないかな。

そこで、一番の練習はやはりコピー!
もうコレに尽きると思いますよ。
いわゆる教科書みたいなモノですから。
曲の中でつまづいたら、そこを克服するまで練習!
その中に、自然と必要な基本練習なんかも入ってくる。
そうやって、必要なモノから曲の中で身につけていく!
それを、バンド練習の中で確認していく…。
オレがずっとやってきた練習のスタイルでもあります。

そして!たくさんコピーすることによって、フレーズの
引き出しがどんどん増えるんですねぇ。
じゃ!オリジナルでも作ろうか!ってな時に、絶大なる
力を発揮しちゃったりするんですワ!
それと、セッションで“急遽あの曲を!”ってな時にも、
スムーズに対応出来る。
逆に言うと、コピーが足りない人って、そういう時にすぐ
わかっちゃったりするんだよね。

まずは、大好きな曲からでOK!
ドラムに座る前に、膝の上でひたすらパタパタ!
手足の動きのイメージを掴んだらいざ!セットへ。
1曲に幾ら時間かけてもいいから、きちんと最後まで
コピーをしましょ!
この積み重ねが、のちのち大きな財産になりますぞっ!

 

(2011年12月2日(金) 11:14)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ヘビーロックバンドにてアルバムを10枚リリース!サポート等の経験多数

ブログ記事 ページ先頭へ