全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室東京 パストラル・ドラム教室 スクールブログ 簡単そうで難し...

簡単そうで難しい…?

スネアドラムやドラムセットを演奏する時は、
皮モノの楽器は基本的に打面の中心を叩くようにします。

打面の真ん中は変な余韻が少なく、音色も深くて丸みがあります。
いわばその楽器のポテンシャルをフルに引き出して鳴らすことができるポイントなのです。

しかし常に真ん中を叩くようにするというのもなかなか難しいですね。
スネアで16分音符を演奏していても、
“スティックがぶつかりそうになって怖い…”
といった悩みが出てきたりしませんか?

そういった時は鏡を用いてご自身のフォームを見直してみて下さい。
(鏡がなくても夕方以降に窓を見てみると身体が映るようになりますよ!)
スティックの軌道がブレたり、斜めになっていたり、
左右非対称になっていたりしませんか?

フォームを直すというのも地道で難しいことではありますが、
是非是非、チャレンジしてみて下さいね!

そうそう、基本的には真ん中を演奏するとお話しして参りましたが、
やはり例外もございます!

例外というのは例えばスネアであれば、
ppなどのダイナミクスで演奏する時はエッジ側を叩いたりしますね。

またコンサートバスドラムでは、刻みではない一打の時に
真ん中から若干外したポイントを叩くことがあります。
程よく余韻が出て、レンジの広い深い音が出るからなのですね。

単純な楽器だからこそ奥が深い…ですねぇ〜☆

簡単そうで難しい…?

(2011年11月26日(土) 1:35)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

クラシック+ドラム、パーカッション。指揮者とのかかわり方お教えします

パストラル・ドラム教室
園田康治 (ドラム)

横浜・五反田・目黒・恵比寿・渋谷・市ケ谷・都立大学・自由が丘・新丸子・白楽・奥沢・た...

ブログ記事 ページ先頭へ