全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室東京 パストラル・ドラム教室 スクールブログ セッティングの...

セッティングの見直し

皆さんこんにちは!

相変わらず寒かったり暑かったり、
何だか落ち着きませんね。。。

寒暖差アレルギーというものまであるようです。

お気をつけ下さいね!

さて、今日はドラムのセッティングについてお話し致します。

ドラムのセッティング、意外とわかりにくいですよね????
というより、どうセッティングすればよいのかわからないという方も
多いのではないでしょうか。

簡単にお話をしますと、何より大切なのは無理なく自然な姿勢で
演奏できるようにセッティングしてあげることです。

高さや角度ももちろんですが、
今日はキックペダルとハイハットのポジションについてお話しします。

ペダルに関係なく、いすに浅めに腰掛けた状態で
程よく足を開いてみて下さい!

狭すぎるとスネアが置けませんし、
放しすぎると身体に無理が生じたり、
ハイハットが遠くなって演奏しにくかったりしますね。
(ツーバスやツインペダルの方は必然的に少し放しますが)

ここで私のセッティングをご紹介します。

これが正解という訳ではありませんが、
ぜひ一度、ご自身のセッティングを見直してみて下さい♪

セッティングの見直し

(2011年11月11日(金) 23:36)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

クラシック+ドラム、パーカッション。指揮者とのかかわり方お教えします

パストラル・ドラム教室
園田康治 (ドラム)

横浜・五反田・目黒・恵比寿・渋谷・市ケ谷・都立大学・自由が丘・新丸子・白楽・奥沢・た...

ブログ記事 ページ先頭へ