全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室東京 パストラル・ドラム教室 スクールブログ スティックの持...

スティックの持ち方?

打楽器・ドラム奏者にとって大切なスティック。

そのスティックの持ち方について、皆さんはどのようなことに気をつけていますか??

今日は私のスティックの持ち方について、ちょろーっとだけお話しします♪

私は小太鼓やパーカッションをスティックで演奏する時の持ち方と
ドラムセットを演奏する時の持ち方が実は異なります。

どう異なるか気になる方は是非レッスン中に質問してみて下さい♪

ただいずれの持ち方の時も共通して気をつけていることが一つ。
それは親指と人差し指で支点を作るということです。

写真を見て頂くと何となーくお分かり頂けますでしょうか!?

『わからないっ!!』

という方は、これまたご遠慮なさらずレッスン中に質問して下さいね★

ちなみに私は左側の写真の持ち方を推奨しています。

とはいえ、スティックの持ち方もアーティストそれぞれ様々です。
人それぞれての大きさ、指の長さ、骨格も異なりますから、

“必ずこう持たなければならない!!”

というものでもないと思います。

色々研究して演奏して、
それを繰り返す中でご自身の答えを見出してゆければよいと思います!!

お互いに頑張りましょう!!

kozi

スティックの持ち方?スティックの持ち方?

(2011年10月12日(水) 1:09)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

クラシック+ドラム、パーカッション。指揮者とのかかわり方お教えします

パストラル・ドラム教室
園田康治 (ドラム)

横浜・五反田・目黒・恵比寿・渋谷・市ケ谷・都立大学・自由が丘・新丸子・白楽・奥沢・た...

ブログ記事 ページ先頭へ