全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室埼玉 DIYドラムスクール スクールブログ 家での練習につ...

家での練習について

ドラムは電子楽器や小さい楽器と違って、家で練習することが出来なくて大変ですよね。
スタジオ借りるのもしょっちゅうやってるとお金がかかるし。

僕の場合はどうしているかというと、大きく分けて3種類あります。

1つ目は動きの練習。
雑誌でも枕でも練習パッドでも何でも、とりあえずあまり大きい音の出ないものを叩きます。
この時は、自分の身体を注意深く観察し意識することを心がけています。

2つ目は小さい音のコントロールの練習。
これは家ならでは練習ですが、なかなか神経を遣うので、気分が乗らないメニューでもあります。ただ効果は大きいと思います。
叩くものは椅子でも何でもいいです。
繊細な感覚をもって近所迷惑に注意しながら、正確なリズムで慎重に演奏します。

リズムを腕の動きでとるのは簡単なのですが、小さい音のように体の動きが最小限なものだと、途端にリズムがよれたり音にばらつきが出て誤魔化しが効かなくなります。
これを解消し、自分の意のままにコントロールする練習です。


3つ目は一番大事、皆さんやってらっしゃるとは思いますが、イメージトレーニングですね。
イメージ出来ないもの、意識できないものは実現できません。

逆にドラムを実際に使った練習の際も、ドラムを使って育っているのは意識です。
ドラムにどれだけ触れたかという事実よりも、どれだけ注意深く意識したかが重要です。

優れたスポーツ選手は、運動している映像をみただけでも、脳の運動を司る場所が普通の人より活発に働くらしく、この間にも少なからず上達しているようです。


まぁでも、スタジオでやる練習には叶わないですよね!
皆さん、金に糸目はつけず、がんがんスタジオを利用しましょう!

 

(2011年9月28日(水) 2:39)

前の記事

この記事を書いたコーチ

ロシアに日本代表バンドとして招待も。「あなたらしさ」を育てるレッスン

DIYドラムスクール
工藤晶 (ドラム)

渋谷・新宿・池袋・秋葉原・吉祥寺

ブログ記事 ページ先頭へ