全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室大阪 PADドラムスクール スクールブログ ドラムは特等席...

ドラムは特等席。

こんにちわ!
講師の-杉山聡信-です。

バンドの中のドラマーといえば、縁の下の力持ちとかバンドの心臓とかよく言われますがもうひとつ。

LIVEの時には特等席でもあるんです。

僕がLIVEをする時はそんな事を考えながら演奏しています。



お客さんとしてLIVEを見に行った時ってスピーカーから流れてくる音を聴きながらバンド全体を見たり、好きなパートの人を見たりとかですよね?
それでももちろん感動するし充分なんですけど、ドラムのポジションってだいたいステージの真ん中後ろの方にあって、客席もステージも全部見えるんです。

演奏してるメンバーも見れるしお客さんが聴いてる音(加工された)になる前の生の音もステージで聴けています。何よりもお客さんの顔や反応が見れるのもいいですね!


自分は演奏してる、でもなんとなーくそれをさらに後ろから幽体離脱して会場全体を見れるVIP席のような気がします。

たぶん初めてのLIVEとか緊張してそれどころじゃないと思いますが、だんだんと慣れて余裕も生まれてきます。
昔、お師匠が「本番では70%のパワーで演奏する、残りの30%でLIVEで必ず誰かしらに起こるハプニングに対応したり全体を見たり。。。」て感じの事を言っててLIVEしまくる現在に至ってからなるほど~こういう事にも繋がってるな~と思ってます。


というわけで脱線しましたがドラマーってバシバシ叩いてるだけじゃなくてバンド全体やお客さんもしっかり見てあげてるお母さんみたいな感じになろうよってことです。

あ、ちゃうちゃう!
LIVEの特等席は実はドラムの席ってことでございます。

また次回。

 

(2011年9月11日(日) 21:27)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ファンクやインストも!一つの疑問も超丁寧に答えてくれるから厚い支持

ブログ記事 ページ先頭へ