全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室大阪 kanazawa ドラム・エクササイズ スクールブログ 機材

機材


おはようございます、ドラム講師の金澤です。

今日は一日雲一つない快晴でとても気持ちの良い天気でした
さて、このスクールは外部会場を利用するレッスンですので、使用する機材には気をつけています。
しかし、たまにレッスン前に利用された方の状況によりスムーズに利用出来ない時があります。
みんなが利用する機材、最低限のマナーは守らないといけません。

そこでドラムに関してですが、あえてピックアップしてみました。
当たり前と思わず今一度、自分はちゃんと出来ているかチェックしてみましょう。

※使用した後の状態から

●スネアのスナッピーを降ろす=ストレイナーをオフに。

●ハイハットは閉じてネジを緩めておく。

●シンバルの位置を基本の位置に戻す。

●折れたスティックをそのままにしない。

●自分のペダルやスネアを使ったら元の機材をセットする。

●音源を利用した場合、ミキサーのフェーダーを下げておく。
(いきなり電源を切らない)

●次の方の事を考え10分前に片付けをする。

まだまだありますが、最低限これだけの事はやっておきましょうね。

又、ヘッド(皮)が破れた、シンバルが割れた、ネジが取れた、ネジが締まらない等、不備ががあれば、そのままにせず必ず受付や係の人に報告しましょう。

自分がしてなくても、ほっておくのは良くないですからね。
メンテナンスがしっかり出来ている会場はいつもキレイで清潔感があります。

会場はみんなでそう使っていきたいですね

機材

(2011年9月8日(木) 1:02)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

講師歴20年以上の大ベテランが、ドラムのお悩み解決!

kanazawa ドラム・エクササイズ
金澤佳幸 (ドラム)

新大阪・三ノ宮・西明石・天満・十三・茨木市・上新庄・江坂

ブログ記事 ページ先頭へ