全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室大阪 さいとうかずあき・ロックドラム教室 スクールブログ 生のドラムを…

生のドラムを…

ドラムの練習場所って困りますよねー。
隣の家が何百mも離れててドラム叩き放題!なんて羨ましい!と思ったりするけど、そういう土地はまたそれはそれで色々と大変そうですね。
家は市街地だし、そもそもドラムセット持ってないし、って方は大勢だと思います。

皆さん良くやるのは、古雑誌を重ねてそれを叩くって方法。
これなかなか馬鹿に出来ません。
僕も高校生の頃、だいぶこれで練習していました。
ドラムセットの各部に見立てて4つも5つも山の様に雑誌の束を積み上げて部屋に置いておくので、オカンに勝手に捨てられたりもしました…。

やがてバイト代をはたいて、練習用のセットを購入し雑誌を捨てられた悔しさをぶつける事になったのですが、やはり疑似でもドラムセットで練習する方が上達が早かった様な気がします。

東京に出てからは、住宅事情もありパッドを2つほど買い、椅子に座ってパタパタやってましたね。感触も結構良いのもあるのでハンドテクニック向上にはかなり使えます。

が、しかし。
ドラムセットを使った練習には遠く及びません。
実際に叩いて鳴る音を感じながら練習するという事はとても重要で、僕も良くスタジオに足を運びました。

お金も掛かるし、スタジオが遠かったり、予約が面倒だったりするかもしれませんが、それだけの価値があると思いますよ。

でも無理の無い程度にね。




 

(2011年8月7日(日) 22:00)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

数々のバンドで演奏してきたロック大好き先生!音楽は「長く楽しく」がカギ

ブログ記事 ページ先頭へ