全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室神奈川 ケン・ドラムスクール スクールブログ 息遣い

息遣い

みなさん、暑い中いかがお過ごしですか?
十分な水分補給をしながら練習してくださいね。

さて、少し前になりますが、東北地方に
慰問演奏会に行ってきました。

管楽器三人+打楽器二人、
初めての編成ということもあり、いつも以上に
気合いを入れ本番に望んだのですが、
これが手探り手探り・・・。
五里霧中、暗中模索・・・。
刺激が強く大変楽しいのはいいのですが、
まぁ難しい!

何が難しいか・・・・。それは表題の通り“息遣い”。

ほぼ練習なしの本番ぶっつけ、譜面を追いながら
息を合わせる・・・までは技術的な問題ですが、
管楽器との息を合わせるのは歌心や一体感が重要なので、
私の場合は奏者と過ごす時間が短いと特に
とっちらかった状態に陥りがちなんです。




限りある時間で物事をこなさなければならないのは仕方ないですが、
なるべく良い表現をしたいと日々精進しています。

そんな中、息遣いを内なるものだとすると
外にむけて発信するために必要なものというのが
少し見えてきた気がするのですよ。
答えはここではもったいつけて、書かないでおこうかしら・・・。
言葉にするときっと「なぁんだ」となると思いますが、
気になる方は是非コメントお寄せください。

演奏会は最終的に無事乗り切り帰ってきたんですが、
帰宅する頃には疲れ果ててました。
息を遣うどころか、息絶え絶え・・。
息づかいを気にするよりも体力作りが必要なのか!?

息遣い

(2011年7月21日(木) 1:15)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

難しく考えず“あなたの"理想の音を。ロックから吹奏楽バンドまで

ブログ記事 ページ先頭へ