全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室神奈川 ドラムスクール BEAT スクールブログ 夏!

夏!

毎日暑いですね~!!
いよいよ夏がやってきました!

夏と言えば吹奏楽コンクールの季節!

打楽器パートのみんなは出番を待って休符を数えているうちに練習が終わってしまった‥なんて事がある季節ですね(笑)

コンクール期間はあまりドラムを叩けないので、早く叩きたくてウズウズしてたなぁ。


さて今日はクラシックの話。

クラシックを聞くと耳が鍛えられます。
オーケストラでも吹奏楽でも!

クラシックは大人数で合奏するので色んな音が聞こえてきます。
他のパートが何をやっているか気をつけて聞く事で、慣れてくると周りの音を聞く事ができるようになるんですよね。


ジャンルに捕らわれすに、たくさん曲を聞く事をオススメします!


また、クラシックの打楽器は“ここぞ!”と言うときに入ってくるので、1音の意味をすごく考えさせられます。

『作曲家はこういう意図だったのかあ!』という発見が楽しい(*^^*)

ドラムはクラシックとは違い、決まっている楽譜を再現するというのではありませんよね。

プレイヤーに任せられている部分も多いので、自分が作曲家になったつもりで演奏する、どんな音が必要か考えるというのはと~っても重要!


クラシックを聞いて、耳とセンスを鍛えましょう☆

 

(2011年7月16日(土) 10:33)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

洗足大卒。教員資格保有&女性コーチならではの演奏をサポート

ブログ記事 ページ先頭へ