全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室東京 望ドラムスクール・ホープ スクールブログ 譜面は読めた方...

譜面は読めた方が良い?

先日は明日華さんのリハーサルがありました。

そこでは皆、譜面を元に音楽を作って行きます!


バンドマンの方に多いのですが、「譜面が読めなくても音楽できるから、必要ないよ」という方がいらっしゃいます。

まさにその通りでしょう!





はっきり言いましょう!



譜面は



読めた方が超お得です!!

ていうか、もはや必要です!!


断言します!


超断言しちゃいます!!!(笑)



譜面が読めて得をする例ってのは幾らでもあるとは思いますが、1つ例を挙げますと、ずばり、リハーサルです。


譜面には調合や音符の他に、リハーサルマーク(イントロ、Aメロ、Bメロ等)という物が付いています。リハーサルマークというのは、文字通りリハーサルがし易いように付いている物です。あと、「ここがAで、ここがBで、ここからがサビでここからが間奏」っていう風に曲の中で皆の意識を合わせるためにもあるかと思います。

このリハーサルマークは「Bメロのこの小説からCのサビに向けてクレッシェンドしましょう」とか、「このインター(間奏)の5小節目にこんなキメを作りましょう」等と言う具合に使う訳です。


仕事とかになってくると、リハが1回で本番ってのはザラにある訳で、仕事の早さが求められます。
ドラムを仕事にしないにしても、知っておくとお得です!

一度身に付けたら手放せませんよ(笑)


最初は慣れるまでに少しだけ時間がかかるかもしれませんが、ドラムの場合、他の楽器に比べ、譜面はすぐに読めるようになりますよ!!!

ドレミは使いませんからね(笑)

でもドレミも知っておくにこした事はありませんが…(笑)





譜面を読むにも書くにももちろんコツがあります!!
そのコツもレッスンで教えちゃいますよー♪



さぁ、明日は天野月さんのリハーサルです!
明日も譜面を元にアレンジしつつリハしますぜ~~♪

譜面は読めた方が良い?

(2011年7月14日(木) 20:34)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

マキシマムザホルモンや10-FEETと共演も!バークリー音大合格も

望ドラムスクール・ホープ
北村望 (ドラム)

渋谷・新宿・高田馬場・池袋・秋葉原・吉祥寺・江古田

ブログ記事 ページ先頭へ