サイタ音楽教室ドラム教室愛知 ファミリア☆ドラムスクール スクールブログ 感性

感性

最近、コピーして譜面を書く機会が多いです。

譜面を書くとき、大きく分けて2種類の譜面が出来上がるんです

・自分専用
・自分以外に宛てて書いた譜面

「自分専用」…これは“THE☆テキトー”で済ませちゃいます
自分だけ分かればいいですから

「誰かに書いた譜面」…これはテキトーじゃ済まされません
誰かに対してって事は、何かしらの“意思”を譜面上で伝えようとしてる訳ですから。


もし、同じ譜面だけを見て叩いても、ドラマーが10人居たら10人違ったニュアンスの曲の表情があるでしょう(゜ー゜)

譜面っていうのはあくまで、

「何の音が鳴ってるか」

を示しているだけで、

「どんな風に鳴っているのか」

までは表していないんです(´Å`)

もっと言うと、

「どうしてココはこんなニュアンスで鳴らしているのか」

みたいな曲の持つ意図は教えてくれません。。


難しいですが、これが音楽をやる事の醍醐味でもあります(´∀`)

伝えたい事を思いっきり出すこと

もうこれは感性の問題になってくるかもしれないですね。
音楽はもちろん、映画や美術館なんかから刺激を受けて、普段から感性を磨くのを怠らないようにしたいですね~

 

(2011年5月11日(水) 21:27)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

「バンドの為になる演奏法」を紹介。ドラムの楽しさは、セッションにあり!

新着記事

初めてドラムに触る(触ろうとしている)方へのメッセージ。 何がきっかけであれ、“ドラムをやろう!”としている時点で、もう既に何やかんや影響や刺激を受けてますね^^ 学校や社会で一般的に教えてくれる様な物でもないですし、お手本なんて自分で探さないと出てこないですからね! ドラムなりギタ...

先日、とあるUKロックアーティストのライブに行ってきました! ダンスビート並のノリノリ感で、終始会場中は…リズム取ったり、飛び跳ねたり ビート感て素晴らしい(´∀`) もうひとつ、ライブの別の楽しみ方があるとすると… 色んなライブ会場に出入りしていると、会場ごとの音の聞こえ...

先日、とあるロックアーティストのライブに行ってきました ロックアーティスト…ライブの熱が半端ないですo(`▽´)o 「演奏がグチャグチャになってもいいライブは出来る( ̄^ ̄) 音源通りの演奏にならなかったとしても、熱がこもっていればライブとしてはそっちの方が素晴らしい!」...

新規バンドを立ち上げ、2ヶ月近くが過ぎようとしている。 初めて顔合わせするメンバーばかりで不安もあったが、徐々に打ち解けてきている所だ。 オリジナルも作り出し、スタジオリハーサルのペースも決まり、感覚が掴めてきた。 順調に見える活動だがしかし。。 ・・・・・バンド名が決...

同じ曲を 〈16分ノリ〉で叩いた時の聞こえ方と、 〈8分ノリ〉で叩いた時の聞こえ方は、 同じ音のはずなのに全然違うんですね 16分で乗って細かく正確にリズムを出すのも1つ。 8分で乗って少し余裕を持たせて遊ぶのも1つ。 どちらも使い分け出来るといいですね 乗り方が違...

ブログ記事 ページ先頭へ