サイタ音楽教室ドラム教室大阪 kanazawa ドラム・エクササイズ スクールブログ ハイハットワー...

ハイハットワーク


おはようございます、ドラム講師の金澤です。

バスドラムの連打に続き、フットワークとして関係あるハイハットワークについて。

元々合わせシンバルから始まったハイハットですが、奥深い楽器の一つです。
上側をトップ、下側をボトムと言い、ボトムのシンバルの方が厚く少し重いのが特徴です。
インチはスネアと同じ14インチが標準的ですが、12",13",15"インチのハイハットも存在します。

ハイハットだけでドラムソロをするドラマーも多く、私はスティーブスミス(元ジャーニー)のイベントを担当した時に彼のハイハットワークに驚かされました。ハイハットだけでソロ演奏し、凄く印象的だったのを覚えています。

ハイハットのバリエーションとして、ペダルを使ったオープン奏法が初心者の方には難しい技術となっています。
言葉では難しいですが「ツッ、チー」というやつです。
実際にビートを叩いている時は右足でバスドラムも踏んでいるので、左足とのバランスがポイント。
元々左足でハイハットを踏む教え方をしているかで、右足とのコントロールも決まります。

昔、女高校生がハイハットペダルに足を乗せずに演奏しているのを見かけ、問いただすと「これ乗せるものなんですか~?」と言われました…
何のためにペダルがあるねん!と思わず突っ込んだの覚えています

エピソードは沢山ありますが、ハイハットの音がキレイなドラマーは好きですね。
ハイハットは、オープンの長さをコントロールする事が大事で、唯一音の長さを表現できる楽器なんです。その長さが叩く人を表している気がします。

親交あるプロドラマーはみんなハイハットの音がキレイでコントロールが上手です。決して楽器が良いからではありませんよ~。目指すなら是非そういうドラマーを目指してほしいですね。

ハイハットワーク

(2011年5月11日(水) 4:02)

前の記事

次の記事

新着記事

おはようございます、ドラムコーチ(講師)の金澤です♪ レッスン以外にも色々する事が多く時間がもっとほしいです(>_<)。こうやって体調を崩して行くんだろな…( ̄▽ ̄;) さて、今年も残り少なくなってきましたが、冬休みに体験レッスンを受けて新しい年からドラムを始めるのも良いかと思いま...

おはようございます、ドラムコーチ(講師)の金澤です♪ 毎日のレッスンに加え、書譜作業もあるので帰宅しても仕事が続いています( ̄▽ ̄;) 一般的にドラムの譜面は市販されているバンドスコアしかありません(画像①)。さすがにこれを見ながら演奏は出来ないので各自でパート譜を作るかして皆演奏...

おはようございます、ドラムコーチ(講師)の金澤です♪ 現在発売されている「リズム&ドラム・マガジン 2019年1月号」で「スティック総選挙」という企画が載っています。 私もこれまで色んなメーカーのスティックを使ってきましたが、参考になり面白い企画でした。やはりVic-Firth/5...

おはようございます、ドラムコーチ(講師)の金澤です♪ 移動範囲が広いレッスンをしているので、色んな所に行けて、その場所の美味しいご飯が食べれるように思えますが、実際は移動時間に追われる毎日です…。 唯一、色んなスタバには行くので、いつもレジで「今朝は大阪だったんですね~」とか言われます...

おはようございます、ドラムコーチ(講師)の金澤です♪ 今日は天王寺で開催されているエッシャー展を見てきました。学生時代から好きなエッシャー。よく鉛筆で模写していました(^_^;)。 さて、レッスンしている生徒の皆様。レッスン会場の年末年始の営業時間は各会場によって異なりますのでご注...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、ドラムレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ