全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室兵庫 フラワーバレードラムスクール スクールブログ これ大事♪

これ大事♪

当たり前のことなんやけど、
意外と見落としがちなこと。

リハーサルスタジオやライブハウスで
他のミュージシャンたちと共用する機材などは
大事に大事に扱おう。

セッティングや配置などをいじった時は
次の人が使うことを考えて、
元に戻すこと。

マイクやミキサー、アンプ、音響機材、
もちろん楽器も音を出すことに不可欠な
機材はことのほか大切に扱うこと。

どれだけ外見がかっこよくても、演奏が上手くても
機材の扱いが悪かったり、後の始末が悪かったりすると
それだけでいっぺんに周りは気分が悪くなる。

ホントにかっこいいと思うミュージシャンは
マナーをきちんと守って、聴いたり見たりする人を
楽しませたり、元気にさせたりできる
アーティストやんね^^

余談~♪
ちょっと堅苦しい話になってしまったけど
今まで自分が見てきてやっぱりあまり気分が
よくなかったこと。例えば・・・。

スタジオで前に使用した人が左利きで
セッティングを左利き用のままに
して帰ってしまった。
左利きの人には申し訳ないことやけど
スタンダードなセッティングには戻してほしかったよね。

シンバルやタイコのネジ類などがきつく
閉められすぎていてネジやねじ穴がダメになっている。

ミキサーやアンプのつまみ、
マイクの音量などがあがったままになっている。
スピーカーやアンプがダメになってしまいます。

自分一人で音楽をやっている訳ではないし、
楽器や機材は大切な大切な友達です。

周りの人たちを思いやり、機材を大切にして
音楽を自分もみんなも楽しいものにしてください♪

ごめんよ、お堅いはなしで^^;

 

(2011年3月8日(火) 23:37)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ドラムはもちろん、コーラスやレコーディングまで何でも聞いて下さい!

フラワーバレードラムスクール
HANA (ドラム)

新大阪・三ノ宮・天満・西宮名塩・蛍池・高槻市・本町・心斎橋

ブログ記事 ページ先頭へ