サイタ音楽教室ドラム教室東京 Drum Laboratory スクールブログ 前派?後派?~...

前派?後派?~laid back, or not to be laid back~

ドラマーの役目はタイムキープをすることだというのはよく言われます。

でも人間のやることなので同じビートを叩いても、人によって
違ったグルーブ感が生まれます。ドラムマシンとかで、中立的で無機質なビートに乗っかって叩けば必ずズレが生じます。もちろん中立的なビートを何分でも何十分でも叩けるようになることもドラマーとしての目標の一部ですが。でも、ただ中立的なビートを叩けても歌心のあるドラミングはできません。中立的なビートを叩けなくてもソウル感あふれるドラミングができる人もたくさんいますからね。

On topとか英語では言いますけど、少し“前のめり”、“走り気味”な感じ。
あまり走りすぎると、タイムがずれますが、適度に走った感じはよく
“エネルギーがあっていいじゃん”って褒められたりすることもあります。
代表的なのはStewart Copelandとか、曲の初めと終わりでだいぶスピードが違う!
今時のパンク系ならこういう“走り気味”な感じがぴったりきますよね。

逆にbehindとかlaid backとか言うと、どっしり座った感じで、他のメンバーが
よりかかりたくなるようなベッドを作ります。シンガーソングライター系の
バンドで演奏するなら必然的にこういうグルーブが求められますよね。
でも、あまりにどっしり座ると、もたついた感じになるので気をつけましょう。

音楽を聴くときにはこういう点を意識して聴いてみるのもいい勉強です。
自分の本性は“どっち派”ですか?

 

(2011年2月8日(火) 16:02)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

思い立ったら始めよう!24歳でドラムを始めた、翻訳、油絵も得意な先生

新着記事

明日はジムに格闘技道場(といってもボクササイズのような 感じですが)の見学に行ってきます。ボクシング(ボクササ イズ)はずっとやりたかったんです。 前にあるジムでやったことがあるんですが、 ボクシングってフットワークや手と足のコーディネーショ ンがよくないとい...

ドラマーの役目はタイムキープをすることだというのはよく言われます。 でも人間のやることなので同じビートを叩いても、人によって 違ったグルーブ感が生まれます。ドラムマシンとかで、中立的で無機質なビートに乗っかって叩けば必ずズレが生じます。もちろん中立的なビートを何分でも何十分でも叩けるよ...

日曜日にパーカッションそしてパッドでの練習に代々木公園に行こうと考えていました が、天気予報があににくよくありません。よりによってこんな時に、、、練習している途中に雨に降られたらまずいので昨日は家の近くで練習をしました。音の関係でパーカッションはやりませんでした。ここ数日は予報もよくないです...

今月はアフリカンフェスタに行ったせいで、パーカッションを始めたい気分がまだ心の中に残っています。 ポータブルコンガも持っているのでやらなくては。またほこりがかぶって部屋の隅に埋もれないようにしないと。となると、どこかの公園にでも行ってやらなくては。代々木公園?それとも地元の近いところか?...

先週ボランティアとしてアフリカンフェスタ開催地の横浜赤レンガに行ってきました。 良しか悪しか急に天気も全開で暑くなりました。ジェンベやら、パーカッションやらアフリカ人のミュージシャンもたくさんいたので雰囲気的にもぴったりでした。 自分は音楽とは関係ないことでボランティアしてたんですけど...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、ドラムレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ