サイタ音楽教室ドラム教室埼玉 abbey drum clinic スクールブログ コーチ側が教わ...

コーチ側が教わったこと。

こんにちは。abbeyです。
レッスンをしていると、「このCDのこの曲がやりたいです」という要望が多々あります。
コーチ側としては、その要望にそってレクチャーをするわけなのですが、実際問題として課題が山積みで、「できました!」と言えるまでにものすごく遠い道のりを感じる生徒さんも中にはいます。
コーチ目線で行くと「その曲を演奏するのに必要な技術」というものが先に見えてしまって、生徒さんとしては新宿ー池袋間を丸ノ内線で移動する様なイメージなので「はぁー…」と落胆をさせてしまうのではないかと心配してしまいます。
ところが、その曲の一部ができあがったところで生徒さんは僕が思っている10倍くらい喜んでくれるのです。そしてそれと同じ位、僕も嬉しくなります。
普段、プロとして演奏している側としてはミスなしで当たり前、プラスαを狙っているので一部ができたとしてもパズルの一つがどこに当てはまるのか分かっただけ、という感覚。でもそれは今、そういう仕事をしているからであって、そもそもドラムや他の楽器を始めた時はどうだったっけ…?
そうだ、そうだった!僕も同じだった!という事を思い出す事ができました。
自分のドラムの師匠に「常にその曲に初めて出合った様なフレッシュな感覚を忘れないように」と言われた事を思い出しました。日常的に流れてしまうようなことであっても、目線を変えれば常に新しい発見をすることができる、その事で前に進む原動力を得られる=楽しい。何かを発見する目を養う事の大事さを改めて教えてもらう事ができました。

生徒の皆様、いつも本当にありがとう☆大感謝です!

 

(2011年1月28日(金) 10:21)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

チビッ子大好き!キッズに大人気のジャズドラマー

新着記事

皆様、こんにちは、こんばんは、abbeyです。 abbey drum clinicだけに限らず、他のコーチも同じことではありますが、我々コーチは教則本では理解しきれない部分をサポートします。 例えば、スティックの握り方(グリップ)や振り下ろし方(ストローク)。 握ったところが写真に載...

こんにちは。abbeyです。 レッスンをしていると、「このCDのこの曲がやりたいです」という要望が多々あります。 コーチ側としては、その要望にそってレクチャーをするわけなのですが、実際問題として課題が山積みで、「できました!」と言えるまでにものすごく遠い道のりを感じる生徒さんも中にはいます...

本日の練習はルーディメンツの細かいのをやってみました。それと自分の悪い癖のチェック。苦手なフレーズをストレスにならない程度に続けて、どこに原因があるかを探して、その解決方法を考えながら手探りでの練習です。(というかむしろ練習はいつもその繰り返しに近いです) ところで、教本はなにをつかって...

ふと思いついたので書いてみます。 楽器店にいくと、たまにスティックをコロコロ転がしたり、重さを量ったり、色んな方法でスティックを選んでいる方を見かけます。 よき事です!すごく。 abの場合、面倒くさがりなのにハズレを選ぶのが嫌なのでポイントをしぼっています。 モデルはVAT...

さまざま理由はあると思います。 見た目がかっこいいとか、叩くなら自分でも音が出そうとか、そんな感じで最初はいいのです。 というより、もはやきっかけなどは気にせず、まずは一歩<b>「やってみることです」</b> 僕の場合は、ちょっとおかしなきっかけです。 「やる人がいなかった...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、ドラムレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ