全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室大阪 kanazawa ドラム・エクササイズ スクールブログ 練習をする意味

練習をする意味


おはようございます、ドラム講師の金澤です。

レッスンに慣れてくると、練習をする人としない人に別れます。
練習をする人は決して時間に余裕がある訳ではなく、日々の日課として少しずつでもスティックを持つようにしています。

反対に練習をしない人は憶測で判断している人が多く、肝心なレッスンで課題が出来ない事が多いです。

練習と言ってもレッスンで行った課題をしっかりと復習してるかの違いです。難しく考える事はなく、ドラムが好きであれば自然と誰でも上達出来る内容です。

練習してないとレッスンの時に練習をする事になり、新しい事に進めず時間がもったいないですね。

練習する意味は自分自身に響くもの。頭だけでなく、スティックを持ってしっかりと練習しましょう。

今回は少し真面目でした。

 

(2011年1月18日(火) 0:03)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

講師歴20年以上の大ベテランが、ドラムのお悩み解決!

kanazawa ドラム・エクササイズ
金澤佳幸 (ドラム)

新大阪・三ノ宮・西明石・天満・十三・茨木市・上新庄・江坂

ブログ記事 ページ先頭へ