全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室大阪 kanazawa ドラム・エクササイズ スクールブログ 生徒さん達の悩...

生徒さん達の悩み

おはようございます、大阪(北摂中心)ドラム講師の金澤です(^o^)丿。

体験レッスンを受け、入会されてから一番多い質問は何か。
それは生徒さんの悩みの一つ、フットワークです。

足をコントロールするにあたり、奏法=踏み方にもよりますが、まずは適切
な靴選びで悩んでいる方が圧倒的に多いです。

随分前ですが、このブログでもドラムシューズについて話をした事があります。

色んな靴がある中、学生の方は制服で通われる方が多く、運動靴や革靴がほとん
ど。社会人の方もスーツの場合は革靴と皆さん普段のままの事が多いのです。

近年では神保彰さんがドラム専用のシューズを開発し発売されました。
実はドラム専用の靴というものは、あまりないのが現状です。かといって何でも良い訳ではありません。
物に頼ってはいけませんが、やはり快適な靴を選ぶ事も上達のポイントになると思います。

私も演奏をする時は専用の靴を使っています。特別に作ったもので、現在はまだお見せ出来ませんが、機会があれば紹介したいと思います。

で、実際にどんな靴が良いのか参考までにいくつかポイントをあげたいと思います。

★素材が柔らかく丈夫なもの。
★足首が固定されていないもの。
★ソールが厚すぎないもの。
★適度な滑り止めがあるもの。
★つま先が細くないもの。

 

(2010年11月15日(月) 1:29)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

講師歴20年以上の大ベテランが、ドラムのお悩み解決!

kanazawa ドラム・エクササイズ
金澤佳幸 (ドラム)

新大阪・三ノ宮・西明石・天満・十三・茨木市・上新庄・江坂

ブログ記事 ページ先頭へ