全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室東京 HOT LINEドラム教室 スクールブログ ドラムヘッドが...

ドラムヘッドが凹む理由

こんにちは!
講師の河中です!

レンタルスタジオの備え付けドラムのヘッドがボコボコに凹んでしまっているのをよく見かけますが、
凹んでしまう理由は3つあると思います。

1:すご~いパワーの持ち主が叩いた
2:スティックの先端で叩いた
3:使用しているスティックのチップが小さいタイプ、または、角型、ボール型。

この3つです。

悪い例は1番と2番。

外国の方は日本人と比べて体も大きく、腕もすっごく太くて
爆音も日本人とは比べ物になりません。
でも、上手い人はいくら爆音で叩いてもそれほど凹みません。
要はヘッドに対してスティックを当てる角度が重要なポイントです。

スティックの先端で叩くクセがある人はすぐヘッドがボロボロになるでしょう。
しょっちゅうヘッドを買い替えなくてはならなくてお金もかかります(笑)

タムをセッティング時もスティックを振り下ろした時にチップの腹の部分が当るような角度にセッティングしなくてはなりません。

3番のスティックのチップの形状の問題はしょうがないですね。
ジャズ等々の小さな音量をコントロールするならチップの形状が小さかったり、丸いボール型の方が繊細でシンバルの音色も綺麗なのですが、
その形状のスティックで爆音は向いてないです。

ホットラインドラムスクールでは、何本も色々な種類のスティックを用意してますので、
スティックによるサウンドの違いや用途も丁重にレッスンしてます。

体験レッスン、お待ちしてま~す!

 

(2008年3月5日(水) 4:23)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

毎回目標達成の快感だから大人気!目標設定の達人と上達最短コース

ブログ記事 ページ先頭へ