サイタ音楽教室ドラム教室東京 HOT LINEドラム教室 スクールブログ 力まないように...

力まないようにね!

こんにちは!
講師の河中です!

ドラムを始めたばかりのロック好きの方に多い現象は
ロックの派手なアクションで大音量で叩こうと

「力んでしまう」ことです。

大音量で叩こうとして肩や腕、足に力が入ってると
リズムはカクカク、背筋も曲がってきて、叩いていてもすぐに疲れてしまいます。

時には、力で叩くニュアンスも奏法としてありますが、
基本的には力ではなくスティックを手、手首、腕等で振り下ろすスピードや高さで
ダイナミクスをつけていきます。

力んでしまうとロックやメタル、パンク等の速いビートはかえって叩けません。

なので、日頃の練習の時から、「体をリラックスして叩く」、というのを念頭に置いておきましょう。

個人練習で叩いてて「あっ、力入ってきちゃってるな」と思ったら、一旦演奏をやめて
もう一度体の力をブラブラっと揺すってリラックスさせ、再度叩きましょう。

ホットラインドラムスクールでは、その辺も逃さずチェックし、アドバイスしながらレッスンを進めてます。
まずは、気軽に体験レッスンにお越し下さい!
お待ちしております!

 

(2007年9月29日(土) 1:31)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

毎回目標達成の快感だから大人気!目標設定の達人と上達最短コース

ブログ記事 ページ先頭へ