サイタ音楽教室ドラム教室東京 ドラムスクール「Drummer's Spirit」 スクールブログ 脱力について

脱力について

脱力することは楽器演奏でとても大事なことですが、きちんと脱力出来ている人は実はあまり多くいません。

これはアマチュアに限らずプロドラマーにも言えることですが、
自分では脱力しているつもりでも、身体のどこかが余分な緊張をしていることがほとんどです。

ただ、脱力とは力を全く使わないということではありません。
余分な筋力を使わず、必要最低限の力で最大の効果を発揮することがポイントとなります。


筋トレは必要ありません!!


レッスンで「リラックスして下さい。」と言われることがあると思いますが、この時にリラックスの方法を是非聞いて見て下さい。
「人によって違うので~」等と言われたら、その講師も本当のリラックスは出来ていません。
基本的に骨や筋肉の数は人によって異なることはありませんので、リラックスの方法は共通です。

私のレッスンではリラックスの方法についても指導していますので、演奏で疲れやすい方は是非レッスンを受けてみて下さい。

 

(2010年10月17日(日) 18:57)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ブルース~プログレまで!リラックス方法だって教えてくれる

新着記事

みなさんこんばんは、ドラム講師のNABEです。 本日は「ドラムに興味があるけど、レッスンを受けるにはもう一押し何か欲しいな」という方に向けて簡単なアドバイスです。 私はドラムを初めて20年以上、レッスン講師としても7年を超える経験があります。その間に蓄積された経験は、貴重なものばか...

暑かった夏が嘘のような涼しさですが、風邪などひいておりませんか? さてみなさん、普段の練習はどうしていますか? スタジオの個人練習を利用したり、自宅で電子ドラムを叩くという方もいるでしょう。 しかし、ドラムを叩くだけが練習ではありません。手や膝を叩いたりするイメージトレーニングも重要...

梅雨の時期は毎年困ります。 それは、湿度が高い為に楽器が鳴らなくなるということです。 ドラムは多くが材質に木を使っているからです。 スタジオのセットは空調があるのでそれ程困りませんが、ライブハウスのセットはやはり影響があります。 自分の楽器を持ち込む時も要注意。 金属胴の...

今年も既に9日が経過しましたが、ドラムの叩き初めは済みましたか? 引き続き、初心者~上級者まで生徒さんに合わせたレッスンを心掛けていきます。 よろしくおねがいします。

先日、東京青山にある”BLUE NOTE TOKYO”に行ってきました。 ミシェル・カミロのビックバンドの最終公演です。 ピアノ、パーカッション、ドラム、ベース、ホーン12人の計16人がびっしりとステージを埋めています。 やはり陽気なラテン系、テンション全開の演奏が凄かったです!...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、ドラムレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ