全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室大阪 PADドラムスクール スクールブログ 機材選びのHO...

機材選びのHOW TO

こんにちわ!
講師の-杉山聡信-です。

今回のテーマは機材選び。
楽器は何にでも機材が要ります。口笛ならいらねーじゃんとかは置いてきて。


機材にもたくさんの種類が。それを知ってるのと知らないのとでは損したり得したり。僕もなかなか機材マニアな方だと思いますが、それを遥かに越える"歩くカタログ"と呼ばれてる知り合いのドラマーもいます。

ドラムテクニック云々より機材知識重視のドラマーもいます。はたしてドラマーと呼ぶんだろうか笑。



で、



どれ買ったらええかよーわからん!
ていうかどれから買うかわからん!
シンバルって全部同じやん!

などなどよく生徒さん達に言われます。

まず最初の機材でオススメするのはバスドラムの音を出すキックペダルです。大半のスタジオにあるのはボロボロに踏まれ続けたチューニングもままならないガタガタのが多いです。毎回違う人が使って調整してその都度踏み心地が違います。
これじゃ気分も乗らないしベストなセッティングならOKですが、そうでないと演奏しにくいしいい事ないですね。

自分のペダルがあればいつも自分のセッティングで演奏できるのでまず最初に導入するならキックペダルがオススメです。

機材は決まったけども次はメーカーで悩みます。
メーカーによって踏み心地が違います。同じメーカーでもいくつか種類があります。こればっかりは実際に踏んでみて体感しないとわかりません。

楽器屋さんで踏ませてくれるので体験してみましょう。重い踏み心地が好きとか、軽くて反応が早いのが好きとか色々出てくると思います。
自分のペダルが手に入ったらレッスンにも持ってきて下さい。自分に合ったベストなチューニングをやってみましょう。

とにかくまずは楽器屋さんで色々踏みまくりましょう。値段が高いからいい機材とは限りません。安くても高くても自分が踏みやすく感じたのがいい機材です。

 

(2010年9月9日(木) 22:55)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ファンクやインストも!一つの疑問も超丁寧に答えてくれるから厚い支持

ブログ記事 ページ先頭へ