サイタ音楽教室ドラム教室東京 国場幸孝ドラムスクール スクールブログ 基礎を。。

基礎を。。

ひたすら耳コピのような感じで音源に合わせてたたいていました。

その後、
結局、吹奏楽部へ入部することになりました。

(顧問の先生が、冷凍ミカンをくれたからなんですが・・・(笑))

譜面は相変わらず弱いものの、耳コピーを続けていたので、

楽曲はすぐに覚える事が出来ていたのです。

その後、先輩方から譜面の読み方や、ルーディメンツのトレーニングを教えてもらい、しかもマーチングスタイルの基礎練習だったので、かなり鍛えられた学生時代でした。

そうなんです。

「譜面が自信ないから音楽をあきらめた」

と言う話をよく聞きますが、まずは「耳」だと思います。

音を聞く集中力ってすごいですよ!

譜面は後からどうにでもなると思いますし、

基礎練習に関しても、毎日5分でも良いから同じ事を続ける事が

大切なんじゃないかなぁと思います。

実際、14歳から毎日続けているウォーミングアップがありますし。。

ま、まずは音楽に対する不安よりも、飛び込んでみるって事を今回講師として皆さんに出会う事で、一番伝えたい事なのかなぁって、実体験を振り返って思いました!!

 

(2010年9月8日(水) 20:09)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

BEGINやCoccoをサポート!Pearl Drumsとモニター契約を結ぶ本格派ドラマー

国場幸孝ドラムスクール
国場幸孝 (ドラム)

秋葉原・吉祥寺・荻窪・西荻窪

ブログ記事 ページ先頭へ