サイタ音楽教室ドラム教室福岡 SHIN's ドラムスクール スクールブログ バンドノススメ

バンドノススメ

ドラムを演奏される方、もとい、ドラムを始める方、もしくはドラムをしているけどバンドはまだ組んでないという方、是非バンドを組みましょう!
もちろんそんなの当然だよ分かってると言い返されそうなんですが、僕の周りには過去にドラムをしていてそこそこの技術や感覚を身につけているのに、なかなかバンドを組まず、ひたすら一人で黙々と練習し続けている人が多くいました。

もちろん一人での練習を否定する訳ではありませんし、個人練習はバンドを組んでからもやはり日々欠かせません。でもしかし、仮に同じ練習量を持った二人のドラマーがいたとしたら、バンドを組んでる人とそうでない人とでは雲泥の差がつきます。

まだそんなレベルじゃ、、と思われる方もいるでしょうから、いつ頃組んだらいいの?と聞かれそうですので答えます。
あくまで僕の意見ですが、簡単な曲でもいいので何か曲を1曲叩けるようになればもうバンドを組んでokです!もちろんバンドによって求めるレベルなども様々ですし、好きな音楽なども関わってきますので、そこはいろいろ見て頂いて。

そして最初はバンドみんなで同じ曲をコピーするのをおすすめします。もちろん無理なく出来る曲から。原曲そのままやってokです!ここはちょっときついから、という部分もあるでしょうから、そんなところは自分なりに修正しましょう。もちろんそのアドバイスなどもレッスンでします。

長くなってしまいましたが、要はドラムの楽しさはやはりバンドで1曲合わせた時に大きく感じるものだと伝えたいのです。最初いろんな技術を吸収していきながら、出来ない事やうまくいかない事も多々あると思うので、そこで投げ出してほしくないのです。
ドラムのテクニックやセンスはあくまでバンドで活かすものです。そこで何が大事で何が必要かも見えてきます。そして何よりドラム、バンドが楽しい!この感覚を味わってほしいのです。

昔、雑誌のタイトルにもなりました。やはりこのフレーズでシメましょうかね。

みんな、「バンドやろうぜ!」

 

(2010年8月30日(月) 0:14)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ロックで培ったパワフルさと繊細さ。学ぶ・楽しむ・夢中になるを共有

新着記事

メトロノームです。この表現はさっき僕が思いついたものなので多少語弊があっても気になさらないでください(笑) ただ、それくらい身近にあって貴重なものだという事は確かです。これはどのドラマーに聞いても一目瞭然です。 もちろんこれが全て絶対的なものという訳ではありません。時には、特に洋楽など...

ドラムを演奏される方、もとい、ドラムを始める方、もしくはドラムをしているけどバンドはまだ組んでないという方、是非バンドを組みましょう! もちろんそんなの当然だよ分かってると言い返されそうなんですが、僕の周りには過去にドラムをしていてそこそこの技術や感覚を身につけているのに、なかなかバンドを組...

どうも!新米デカの隠塚と申します。 このたび、講師は初経験となりますこの僕ですが、教えたいという熱意はかれこれもう10年モノです(笑) ドラムの面白さを発見していただき、僕自身も再確認出来る場所になれたらと思っています。難しいと思われる方、安心してください。あれは高度なモグラ叩きです(...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、ドラムレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ