サイタ音楽教室ドラム教室埼玉 ドラムスクール・モッチ スクールブログ サウンドデザイ...

サウンドデザイン

タムのチューニングについて書きたいのですが
文章だけでは伝えにくいとゆーことで

詳しくはドラムスクール・モッチへ


チューニングに大事な
基本的なサウンドデザインのお話です。

音を造る時は常にアタックとサスティンの
比率を意識します。
アタックは一番初めのスティックが当たる音です。

聴き手が一番意識するアタックのコントロールに最も気を使います。
音域別に進む中でアタックとサスティンの比率が変わります。

サスティンはアタックのすぐ後に続く音で、音の長さとは関係ないのです。
サスティンが強くなるとアタックが弱くなるのです。

まずこのアタックとサスティンの関係を知ると
チューニングは飛躍的にうまくなります。

ドラムを叩く時意識してみて下さい。

サウンドデザイン

(2010年8月17日(火) 13:19)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

いかに力を抜いてプレーできるか熟知!“らく"で自由なドラムプレイを

ブログ記事 ページ先頭へ