サイタ音楽教室ドラム教室千葉 川島広明ドラム教室 スクールブログ カホンも始めま...

カホンも始めました。

こんにちわ。ドラム講師の川島です。


今年の3月よりカホンを始めました。サポートで参加しているバンドのアコースティックライブでカホンを演奏することになったからです。

最近、カホンが流行っているらしいです。ドラムを使用できないライブハウスなどで頻繁に使用されています。3月から練習をしていますが、なかなか難しいのです。まず、スティックを使わず、手で演奏するからです。1時間程、練習をしていると手がかなり痛くなってきます。練習するやる気はまだまだあるのですが、手が痛いため練習が持続できないのです。慣れもあるのでしょう。まだまだがんばりますよ。

カホンは低音と高音があるのでミニドラムみたいな感じですね。ドラムをやっている方なら習得するのにあまり時間はかからないでしょう。

ただそれにしても手が痛いっす!!

 

(2008年5月11日(日) 23:30)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

NYで修行、CD全国販売!修行で見えた新しいスタイルをあなたにも

新着記事

今回はよく教則本などに書かれている4つのストロークについてです。 4つのストロークとは以下の4つです。 1.フルストローク 2.ダウンストローク 3.タップストローク 4.アップストローク この中で必要なストロークは、 ...

こんにちは。ドラム講師の川島です。 今日は「なぜ基礎練習をやらなければならないのか?」についてです。 はっきりいって基礎練習は面倒な練習です。 しかも練習内容がとても地味です。 しかし、基礎練習をやる意味が分かればやる気もでてくるはずです...

こんにちは。ドラム講師の川島です。 近くにドラム教室がなくて困っている方はいませんか? 千葉県に新しく3箇所のレッスン会場を追加しました。 松戸・西船橋・津田沼です。 ドラムを始めようと迷っている方で、 ...

拍の中には「表拍」と「裏拍」があります。 この2つを日常生活で意識することにより、 リズム感が飛躍的にアップします。 8分音符の場合、表拍はみんな感じとりやすいです。 「ワン、ツー、スリー、...

ロックなどで高速域のスネアの連打ってよくでてきますね。 今日はスネアの連打に必要なことを簡単に書きます。 ①叩いたらリバウンドを得る ②リバウンドしたスティックを指で押す ③指とスティックは常にくっついている イメー...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、ドラムレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ