全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室埼玉 ドラムスクール・モッチ スクールブログ バスドラ トー...

バスドラ トータルチューニング

前回の続きでバスドラチューニングですが

まず基本的なピッチを得ることが大切になってきます。
そして前回紹介したミュート ダンピング をしっかりしましょう。

タム類は歌うようなサウンドでフレーズを作る役割があり
スネアはメリハリをつける
バスドラは脈打つようなサウンドをだす役目がある。
なのでセットの個性を決める重要な要素だ!

と、チューニングの前に、シェルについても音と重要な
関係があるので触れておきます。

バスドラのシェルはタム類よりも厚く作られていて
直径が大きいので足がついています。

深さがあるほどレスポンスが遅く感じられ周波数が低いですが
ヘッドのピッチは一定です。

なのでハードなプレイには奥行きのあるものがよく
繊細」なプレイをするなら浅いものがあっています。

これまた音に重要な関係があるヘッドのお話です。

まず打面ヘッド

バスドラのヘッドはあらかじめダンピングされたものがほとんどです。
倍音をカットする素材がエッジについているのです。
基本的なピッチを引き出すために倍音をなるべく取り去る仕組みになっています。

厚めのヘッドは鋭いアタックが得られます。
1ぷ来のヘッドはソフトで、ローエンドに広がりがあります。

そしてフロントヘッド

最も一般的なのは 6インチ程度のサウンドホールが
エッジに近いところに開いているもの。
こーすると適度にヘッドが振動してなおかつマイクがいれられます。

ホールを中央近くに空けてしまうとヘッドが振動しなくなるので
まったくとってしまうのとほぼ同じ効果になります。

シェルを振動させないでアタックの音がほしい場合はフロントヘッド無しでもよいし
逆にシェルを振動させて2つのヘッドで自然な音量を得るには
最初のフロントヘッドを張るのをおすすめします。

フロントヘッドもエッジにダンピングされた物がほとんどですので
選んで買ってみましょう。

とここまでチューニング以外でサウンドに影響のある
大事なことを紹介しました。

次回はチューニング本編ですね。
実はバスドラはここまでがとても大切でチューニング事態は意外と簡単です。
ではまた次回!!!

バスドラ トータルチューニング

(2010年7月5日(月) 4:18)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

いかに力を抜いてプレーできるか熟知!“らく"で自由なドラムプレイを

ブログ記事 ページ先頭へ