サイタ美容・ファッションスクール着付け教室岐阜 徳子の着付け教室 スクールブログ 補整の必要性に...

補整の必要性について☆

着物を着た時の黄金比を作り上げる上で補整は欠かせません☆

お着物を着た姿が寸胴(ズンドウ)になるように着こなす方が美しく見えるのです。


ですから映画等のように着物の帯を解くと綺麗な裸体になれるようなイメージは綺麗に着こなす為には無くしてください♪

昔(昭和初期まで)は補整等はしないで着ている事がほとんどでしたから、映画の世界も嘘では無いのですが☆



さて電信柱を想像ください!



ご自身の体を着物を着る前に電信柱に近づけないといけないのでタオルや専用の補整パット等を使いウエストのくびれやヒップの段差等が無いように仕上げるのです。

ふくよかな方は補整の必要はほとんどありませんが、ふくよかなりにやはり凹凸がありそこを補う補整を致しますと余計に太って見えると気にされる方が見えますがご心配なく…


お洋服の時より遥かに美しく見えるので太っている等と言うような失礼な見方よりも、着物姿の美しい方だなと言う第一印象にかわります。


またお着物の世界にふくよかな先生方が多いのも痩せているより貫禄が出ますし、着物姿が美しく着こなせるからです♪


更に補整や帯をして1日着物で過ごしますと、お着物を脱いだ際、ウエスト等がすっきり致します♪


初めてお会いしてあなたの自慢のウエストをタオルでグルグル巻きの寸胴にしてしまう可能性も大いにありますが…どうかビックリなさらないでくださいね☆

お会い出来た時に色々お話したいですが…
レッスン時間をおしゃべりで減らすのは勿体無いので、口頭でお伝えしたい事はブログにて、1日1つづつお伝えして行きたいと思っております。

皆さんにお会い出来る日にまた♪♪♪


 

(2014年6月21日(土) 9:44)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

着付けや所作を20年以上学んだベテラン!奥深い着物の世界を貴方にも

目的・種類別に着付け教室・講座を探す

新着記事

毎日1回更新を心掛けていたのですが… 7月に入り長くブログをお休みさせていただいてしまいました… 6月の終わりから溶連菌と言う菌が我が家に入り込み… 潜伏期間の一週間を綺麗に守りながら、息子→主人→娘→私→娘とグルグル悪さをしているのです… 主婦兼母親の私は皆の看病...

前回①にて正装を説明致しましたが、次にお持ちなのは小紋ではないかと思い小紋のお話をしますね☆ 小紋とはお着物全体に柄がある物です。 江戸小紋のように細かくて遠目では無地に見える物から大ぶりの柄が全体に有る物まで小紋です。 江戸小紋を正装として着る時以外は袋帯は使用...

そろそろ浴衣を着てお出掛け出来るチャンスが増えますね☆ 着付けの第一歩として今年の夏はいっぱい浴衣を着てお出掛けしてみてください♪ 柄によっては長襦袢を合わせてお着物のように着ても素敵です☆ 浴衣は簡単に着れますし髪型も好きなようにアレンジ出来るので楽しんで色々と...

実はこの着物と帯の合わせ方と言うのが沢山の種類があり、お出掛け先によっては同じ着物でも帯が限られたり… ですのでブログで書くのが大変で…避けて来たのですが… 先日のブログで書きますと宣言してしまったので長くなりますが…何回かに分けて書き上げたいと思います♪ 皆さん...

夏になりお着物で出歩くのは暑くて嫌だわ… と言う声を良く耳にしますが… 夏用のお着物は風を良く通すので実はノースリーブのお洋服にミニスカート姿よりも涼しいのです☆ 夏のお着物の代表は、絽(ろ)・紗(しゃ)・麻(あさ)ですが、夏は長襦袢もお着物と同じく風通しの良い物...

ブログ記事 ページ先頭へ