サイタ資格取得講座第二種電気工事士資格試験講座埼玉 要点第二種電気工事士講座 スクールブログ これから仕事に...

これから仕事になる「太陽光発電設置工事」

 太陽光発電設置工事は、各メーカーでID制度を取り入れており、そのメーカーの太陽光発電システムの設置には、各メーカーの施工ID、電気工事IDを取得しないとそのメーカーの保証が受けられません(10年の製品と施工に対する保証)。
又、一般社団法人 太陽光発電協会(JPEA)で実技指導を含む「太陽光発電システムに係る施工研修」を日程4日間で実施しておりますが、現状で人気が高く、受講申し込み者が多く抽選です、毎回20名限定なので、抽選に当るのが難しい。
私は、現在、シャープの施工ID、電気工事ID 東芝の施工ID 電気工事ID、を取得しております。
先日「JEPIA」の4日間の施工研修も受けてきました申し込みを続けて半年目にやっと当選しました。
いずれも電気工事については、電気工事士の資格がないとIDは貰えません。
電気工事士の今後の未来は明るいといえます。
 

 

(2011年10月3日(月) 9:38)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

電気の仕事に携わって20年以上。太陽光発電など今話題の技術も

新着記事

今年こそ、電気工事士二種の資格を取りましょう。 今年は特別講座で、太陽光発電についてもレッスンを受け付けます。 私はシャープ、東芝の太陽光発電システムの施工IDを取得しております。 これから参入したい方には太陽光発電についても教えます。 無料体験コースありますから、申し込んでください。

 太陽光発電設置工事は、各メーカーでID制度を取り入れており、そのメーカーの太陽光発電システムの設置には、各メーカーの施工ID、電気工事IDを取得しないとそのメーカーの保証が受けられません(10年の製品と施工に対する保証)。 又、一般社団法人 太陽光発電協会(JPEA)で実技指導を含む「太陽...

今年度技能試験の解答が出ました 2011.7.25平成23年度第二種電気工事士上期技能試験(7月23日及び24日実施)の解答及び判断基準について 平成23年7月23日(土)及び24日(日)に実施しました標記試験の解答及び判断基準を下記のホームページにてご案内しています。 1....

最近は、省エネで政府がらみの節電対策を実施していますが、今後自然再生エネルギーへの移行が叫ばれています。 自然エネルギーの中で太陽光発電がトップを切って普及しています。 施工業者も不足しています。皆さんが施工業に参加する場合、電気工事の部分で、必ず電気工事士の免許を持っていることが必要です...

第二種電気工事士の今年の日程を掲載しておきます。 上期、下期とありますが、どちらかを選択することになります。 上期、下期両方は受験できません。 ちなみに、今年の申し込み期間は、インターネット申し込みで、3/14~4/6迄でした。 今年は終了しましたが、これから来年に向かって十分間に合い...

ブログ記事 ページ先頭へ