全国5万人が受講している「サイタ」

電験三種(電気主任技術者試験3種)講座(試験対策)

電験三種(電気主任技術者試験3種)講座(試験対策)を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

資格取得講座電験(電気主任技術者試験)講座電験三種大分 第3種電気主任技術者養成佐藤ジム スクールブログ 勉強しましょ。

勉強しましょ。

電験に合格するには,とにかく勉強あるのみです。
勉強といっても多種多様な手法があります。
学校時代の教科書を引っ張り出して読み直す,立派な勉強。
新たに受験用参考書,問題集を購入して独学,読点以下同上。
過去問のみに集中して受験効率UPを図る,同上。
CYTAに連絡して私を訪ねてくる,非常に良い勉強法(笑)。
ところで,こんな勉強法はいかがですか。
私の紹介写真で右手に持っている誘導電動機…,おそらく皆さんの職場や学校のどこかで必ず活躍しています。
まず,動きを良く見る。
例;連続運転が多いな,イヤ,こちらのは運転停止の繰り返しだな。人間はインターバルトレーニングで,すごく疲れるのに,こいつ等疲れないのかなぁ。何故?などと観察する。
次に銘板を見る。
何か訳の解らぬことが書かれている。どういう意味?,前述の運転状態との関連性は?。等々,観察検討箇所は山ほどあります。
話しは変わって,
外回りの仕事で,ふと見上げると大小の送電線や鉄塔が林立している。
鉄塔の高さに違いがあるのは何でだろう。
送電線のところどころに付いてるコブは何だろう。
要するに,電験が対象とする電気工作物つまり受験教材は,皆さんの身の回りいたる所に実物として存在しているのです。これを漫然と見過ごすのは非常に勿体無いです!。
そして,実物を観察したら,書物に立ち返っておさらいしましょう(特に,何故だろうの部分)。
 日頃学習時間不足に悩んでいる社会人の受験者の皆さんは,身の回りやそれぞれの職場で,飯のタネにもなる受験教材が目の前で唸りをあげて稼動しているという得がたい経験をしています。
 一方,テキストを読むだけでどうも事物が実感として捉えられず,暗記学習になってしまいがちな学生さん,通学途中だって周囲を見渡せば教材が一杯あるじゃないですか。
百聞は一見に如かず!,経験により,一瞬で脳裏に絵が浮かぶということは,未体験者にとって真似の出来ない受験勉強です。
ただし,これを起点にして,その知識の周辺の範囲,裾野を拡げることが絶対に必要です。知識の裾野を拡げておくことは試験場に於いて過去問類似問題と闘うときに必須の武器となります。
電験において,全く同じ文言の過去問は出題されないと初めから覚悟しておくのが無難です。
以上,多様な環境の中,種々のやり方で受験勉強と云う名の自己啓発頑張って下さい。応援しています。

 

(2015年5月12日(火) 0:13)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

電気・計装工事設計職や実験指導等を経験。丸暗記ではない勉強法で合格へ!

ブログ記事 ページ先頭へ