サイタダンス教室コンテンポラリーダンス教室東京 コンテンポラリーダンスレッスン スクールブログ 「コンテンポラ...

「コンテンポラリーダンスって何!?」その6

「呼吸をするように、踊る」

僕が普段、
一番に大切にしている事です。

無理して頑張ったり、変に脱力したりせず。
なるべく普通でいるコト。

簡単なようで以外に難しい、、、
なるべく自分に素直に。。。


マグロは泳いでいないと呼吸が出来ないそうなんです。寝ながらも泳いでるとか!

そういえば僕もよく夢の中で踊って、
ベットから落ちて目を覚ますことがありますね。笑


少し話しが逸れました、

無理して呼吸をしたり、呼吸が大好きって人いないですよね?


あたりまえで
しぜんに
こきゅうをするように
おどりたい


さぁ、昨日までのブログで僕のレッスンの第2段階までご説明しました。

この先は、あなた次第

身体の事を考え、ボディコンディショニングを行ったり
どんどん動きを大きく、ダイナミックなムーブメントに繋げたり
自分自身を表現するため、振付を作品化したり

あなたに合わせて、
パーソナルレッスン サイタだからこそ出来る、
あなたのための時間です。


少しでもご興味あれば是非♪
コンテンポラリーダンス
パーソナルコーチ
鈴木泰介
https://cyta.jp/contemporary/s/tai/

「コンテンポラリーダンスって何!?」その6

(2015年10月2日(金) 8:52)

前の記事

次の記事

新着記事

本題に入りましょう。 国内外を問わず、 バレエコンクールでもコンテンポラリー部門が設けられるようになりましたね。 バレエの専門大学ですらコンテンポラリーのレッスンが必修です。 日本のバレエ団やバレエ協会などでも、 創作物やネオクラシック作品を頻繁にやる時代になりました。 ...

コンテは難しい… 一般の方を含め、 その他のダンスやバレエをやっている方から、 よく聞くんですよね… そんな事ありませんよ! コンテにもコンテの法則があります。 人それぞれの価値観から産まれる動きの中にも、 間違いなくルート・ルールが存在します。 日本舞踊に型が...

舞踊系学校への進学をお考えの方々にとても大事なアドバイス、 最低限のバレエのテクニック・知識は必要です。 学校ごとびダンスの位置づけは様々ですね。 舞台表現として広義に捉えている所 バレエ、コンテ、モダン、ジャズなど一ジャンルに特化している所 芸能系やアミューズメントパークダンス...

この連休とある地方のコンクールに行って参りました。 以前賞を頂き、今回はご招待という形で踊って参りました。 東京とは、また違った活気があり刺激になりますね。 さて、大学などの入学試験にも地方から受けに来る子は多いですよね。 地方から来る子には独特なエネルギーがあります。 ...

今日は少しだけ具体的なことお伝えしようと思います。 僕のレッスンの生徒さんにはいろいろな経歴の子がいます。 クラシックバレエしかやっていない子 モダン・コンテンポラリーなどの現代的な舞踊のみの子 学校のダンス部出身の子 今までは新体操などをやっていたがダンスに転向したい子 ...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、コンテンポラリーダンスレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ