サイタ音楽教室作曲レッスン神奈川 田村信二の作曲レッスン スクールブログ 「いいメロディ...

「いいメロディってどういうもの?」

いいメロディってどういうものでしょう。

結論から言うと、心に響いて、感情を揺さぶる曲だと思います。

皆さんも、元気になる曲、切なくなる曲、踊りたくなる曲など、

好きな曲はたくさんあると思います。

やはりいい曲(メロディ)は、心に響きます。

歌のスキルや声質、楽器の音色、コード進行、アレンジ等、

曲を作る様々な要素と相まって、いいメロディは心に響きます。


では、いいメロディを作るにはどうすればいいでしょう。

大事なことは、自分が心に響く曲をたくさん聞いて、感動することです。

そうすることで、いいメロディが、自分の中にインプットされます。

そのインプットされた「いいメロディ」と自分の感性がプラスされて、

自分が作るいいメロディのオリジナル曲がアウトプットされます。


自分の好きな曲がマニアックな曲だと、やはりアウトプットされる曲になります。


もし、たくさんの人に届く曲を書きたい場合は、

たくさんの人に聞かれている曲、言い換えれば、売れている曲をたくさん聞くことが

自分のメロディを作る上で、肥やしになります。

もちろん、自分の嫌いな曲を聴くよりは、

たくさんの人に聞かれている曲で、自分の好きな曲を選んで、

聴くのが一番いいと思います。


今は、YouTubeなどで、新旧に限らず、たくさんの曲を聴けます。

メロディを作る上でのヒントがたくさん隠れています。

是非、自分の好きなたくさんの曲を聴いて、いいメロディの種をインプットしてください。

次回は、「いいメロディの種」を、具体的に作曲に生かす方法を書きたいと思います。

ではまた〜。



 

(2018年10月28日(日) 8:16)

前の記事

次の記事

新着記事

作曲において、どのコードを使って、どういうコード進行にするか、 は非常に重要です。 僕の場合はメロディと一緒にコードも出てくることが多いですね。 当然、メロディにあったコードを付けなければいけません。 メロディとコードが合っていないと、不協に聞こえ、気持ち悪いですね。 メロデ...

いいメロディが出来ても、メロディだけだとリスナーに伝えづらいですね。 聞いてもらうためには、ある程度のアレンジが必要ですね。 料理に例えると、いいお肉があっても、それを煮るのか焼くのか、 サラダやニンジンを添えるのか、出来上がった料理を、どんなお皿に、 どう盛り付けて、どういったソ...

いいメロディってどういうものでしょう。 結論から言うと、心に響いて、感情を揺さぶる曲だと思います。 皆さんも、元気になる曲、切なくなる曲、踊りたくなる曲など、 好きな曲はたくさんあると思います。 やはりいい曲(メロディ)は、心に響きます。 歌のスキルや声質、楽器の...

作曲のやり方ですが、 昔のイメージだと、ピアノに座って、譜面におたまじゃくしを書いていく、 という方法が頭に浮かびますね。 譜面が読めないと作曲はできない、という印象がありますね。 もちろん、読めることでのメリットはありますが、 曲を作ること自体には、譜面...

「作曲をするために必要な最低限の機材は?」 この質問は、これから作曲をする人によく聞かれる質問です。 メロディは鼻歌でできますが、 それをみんなに聞いてもらうために、音源として残したいですね。 そのためには機材が必要となってきます。 まずは・・・ ◯コンピューター ...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、作曲・編曲レッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ