全国5万人が受講している「サイタ」

作曲/編曲レッスン・講座

作曲/編曲レッスン・講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室作曲レッスン愛知 徹の作曲、編曲、アドリブ講座 スクールブログ 作編曲(アドリ...

作編曲(アドリブ)の極意?

ソロ、アドリブが難しいと(確かに難しいのです)お嘆きのあなた!
過去に私も同じような悩みを抱き、日々アドリブの練習をどうするか悩んでいました。
どうしても楽譜に書いてあるコードネームに縛られるのです。
このコードだとどのスケールがいいとか、どの音使いでかっこよくなるとかですね。

それが、何だそんなことか!!と目からウロコ!ものです。

これは、ピアニスト誰でもと言いませんが、Bap系ピアニストを聴くと同じようなブルーノートスケールを使ったフレーズを使っていることが分かります。

以前、投稿したのですが、ブルーノートスケールはkey in CですとCDEb F bG A bBという音階です。これらの音を全部使ってもいいのですが、多すぎますので、一番ジャズぽい使い方を書きます。

C bE E G A この5個の音を使います。
ブルーノート5音階とでもいいましょうか。
仮に、key in C の曲を探して見てください。明らかに転調している場合は別ですが、今回は比較的ご存知の方が多いと思われる「オン・ザ・サニーサイド・オブ・ザ・ストリート」
を例に説明しましょう。
巷に多くある楽譜はkey in C で書かれています。
でもこの曲はAメロのあとに来るBメロ部はkey in F です。それを8小節、その後はAメロ(key in c)に戻ります。
コード進行をよく見て下さればわかると思います。
細かく言えば、AメロもCから始まりますが2小節目でいきなりE7というコードが出てきます。これはkey in Cのダイアトニックコードにはありません。
5小節目のA(Am7)へ行くために使われています。AmはCの平行調(三度下)です。
でも、Am7はkey in Cの6度の和音(コード)なのでCと考えてもいいです。

しかしながら、明らかにkey in CのダイアトニックコードではないのでAMに転調していると考えてみると、4小説目にはBb7(b5)/E7 というAmのⅡm7/Ⅴ7が出てきます。
このようなコードの進み具合を見るに付けアドリブを悩む事になるわけです。
ここはkey in Cのみで考えてメロディーを考えてみましょう。

当然、Ⅱm7-Ⅴ7進行が出てきます。これは曲の進行上なくてはならない進行なのでⅡm7-Ⅴ7のフレーズ集など購入してフレーズを考えれば比較的に早く理解できると思います。
代理和音を使う場合もありますが、頭が混乱しそうなので今回はなしです。

次はBメロ部ですが先ほど書いたようにkey in Fに転調しています。本来ならこのような楽譜では♭を一つ付けたヘ長調に変えなければいけなのですが、面倒なのか、ほとんどの楽譜は同じ様に転調していません。
このFの部分は応用ですからC ブルーノート5音階ペンタをFへ転調して考えてください。(F、bA、A、C、D です)たったこの二種類のブルーノートでアドリブができます。
特に半音の上下行(C Eb E A とか その逆)を使って見てください。
ブルースぽくなります。
これができれば中級レベル!!・・・と思います。
上級者はなにかって? それはスケールの数が増えることです。
今回はブルーノートも五音階(ペンタトニック)でメロディーを作りますが、これがコードの分散和音、ビバップスケール(CDEFGAbBB)やその他のスケールを覚え、しかもどのkeyでもできるようにする(こうなればもはやプロです)。
そんな難しいことを考えないで、とりあえずこのブルーノート5音階だけでメロディー作りをしていただければブルースぽいジャズ風なメロディーができると思います。
原曲のメロディーさえこの方法でフェイクするとジャズぽくなりますよ。
ピアノでも管楽器でもボーカルでも同じことです。

 

(2015年11月15日(日) 17:16)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

アドリブが大得意!ビッグバンド歴30年のコーチがあなたのお悩み解決

ブログ記事 ページ先頭へ