サイタ音楽教室作曲レッスン静岡 ヨシダ作曲/編曲スクール スクールブログ 作曲講座 「始...

作曲講座 「始めに覚える和音」

和音っていうと、音符が積み重なっている様子から、最初はとっつきにくいものです。

楽譜を読むのもしんどいし、指を鍵盤に置くのももたついて、
旋律に和音をつけようとするとなんだかうまくはまらなかったり。

そんな和音ですが、読み解いていくと実はそんなに複雑なことはありません。

絵の具の色を混ぜ合わせる方がよっぽど難しいと思います・・・(笑)


そんなこんなで、和音の基礎について書いて行こうと思います。


まず和音の定義について。
「(和音)二つ以上の高さの異なる音が同時に鳴るときの合成音の響き。」
ということで、二つ以上の音が同時になっていたらそれは和音というらしいです。

中には3つ以上と書いてある文面もありましたが、私が習ったのは2つ以上で、
多分2つ以上でいいと思います。


しかしこうやって見るとあまりにも取り留めのないものに見えてしまって
じゃあどうやって扱ったいいの!?ってなりますよね。


クラシックを始めとする多くの音楽では、
3和音(3つの音が同時に鳴る状態)を基本型として考えています。

ではその3つの音はどうやって決めるかというと、
メジャーとマイナーの二つの作り方を基本としています。
日本語では長と短と言います。

メジャー=長
マイナー=短

と呼び換えてもさして問題はありません。

メジャーとは、
こういう言い方をするとちょっとややこしいですが、
ある音(х)から3つ上の音のこと。
ド→ミだったり
ソ→シだったり


マイナーとは、
メジャーの音が半音下がった状態。
ド→ミ♭だったり
ソ→シ♭だったり。


じゃあ問題。
ラ→ド♯はメジャー?マイナー?








答えは、、




メジャーです。

ド→ミの間の半音の数を数えて見ましょう。
ラ→ド♯の間と同じ数のはずです。


そう、この間隔の広さをメジャーといいます。
マイナーはメジャーより半音分狭いのです。


日本語では長と短。


わかりやすいですね。
なのでラ→ドはマイナーということになります。



そして最初の音から5個上の音、
ドからだったら、
ド、レ、ミ、ファ、ソで、ソ!

ドミソでメジャートライアド
長三和音


ドミ♭ソでマイナートライアド
短三和音

となります。

基本はこの二種類です。


長3和音であるドミソと同じ形の和音はどんなものがあるでしょうか?

ファ・ラ・ド

ソ・シ・レ

他には・・・???



実は半音も入れたら12個。

ド#・ミ#・ソ#だって同じ仲間です!


一つ音和音の作り方を覚えてしまったら、
もう12個の和音を同時に理解できてしまいます。


このように、和音にはそれぞれ作り方があって、
それにしたがって理解することですぐに手に入れることができるのです。


今日は長3和音(メジャートライアド)と短3和音(マイナートライアド)を見てみました。



では、『ド』から作る長3和音と、『ソ』から作る長3和音を交互に鳴らして
一曲作ってみて下さい♪

作曲講座 「始めに覚える和音」

(2014年5月10日(土) 4:20)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

大学院で音楽教育を専修。基礎の基礎~DTMでの作曲まで、納得のレッスン

目的・種類別に作曲/編曲レッスン・講座を探す

新着記事

作曲を勉強するぞ!と意気込んで最初にぶち当たるのが「和音」の壁かと思います。 旋律は鼻歌でふんふん歌いながらかけるけど、いざ和音を当てはめようとすると何を当てはめたらいいか迷ってしまう。うまくはまったと思ってもそれに自信が持てない。 作曲をする上で自分の選んだ音に自信が持てるかどう...

和音っていうと、音符が積み重なっている様子から、最初はとっつきにくいものです。 楽譜を読むのもしんどいし、指を鍵盤に置くのももたついて、 旋律に和音をつけようとするとなんだかうまくはまらなかったり。 そんな和音ですが、読み解いていくと実はそんなに複雑なことはありません。 絵...

作曲とはあまり関係ないかもしれませんが、 音感についてのお話を少し書いてみます。 みなさんは「絶対音感」という言葉を聴いたことがあるかもしれません。 絶対音感とは音を聞いたときにその音の高さがはっきりとわかる能力です。 ピアノで弾いた一音の音名を答えたり、中には机をたたいた時の...

作曲を勉強すると聴くと、まず何を想像されるでしょうか? 音楽の作り方というのは、あまりにも漠然としていて、 とりとめのないもののように思われるかもしれません。 しかし、どんな偉大な作曲家でも、初習者として作曲を始め、 少しずつ頭角を現していきました。 その過程のなかで、多くの...

5月からヨシダ作曲/編曲スクールを開講することになりました。 そこでここではWeb版作曲講座を開いていこうとおもいます。 レッスンだけでは説明しきれない諸々を 読み物として綴っていけたらなぁと思っています。 ここに書いてあることをレッスンで詳しく教えてほしい!って言うのも あ...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、作曲・編曲レッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ