全国5万人が受講している「サイタ」

作曲/編曲レッスン・講座

作曲/編曲レッスン・講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室作曲レッスン静岡 ヨシダ作曲/編曲スクール スクールブログ 作曲講座 「作...

作曲講座 「作曲を勉強するとは?」

作曲を勉強すると聴くと、まず何を想像されるでしょうか?

音楽の作り方というのは、あまりにも漠然としていて、
とりとめのないもののように思われるかもしれません。

しかし、どんな偉大な作曲家でも、初習者として作曲を始め、
少しずつ頭角を現していきました。
その過程のなかで、多くの指導を受けてきているのです。

例えばベートヴェンは始め父親からの指導を受け後に
かの有名なサリエリやハイドン、その他数名の指導者のもと才能を開花させていきました。


作曲のレッスンとはどんなものでしょうか?

まず始めに音楽のレッスンであるということが言えます。

音楽を知ることから始まります。

例えば演奏に興味がある人は何か楽器を弾くことから始め、
同時にその楽器にまつわる奏法や表現、記譜読譜、
そしてそこから広がる多様な音楽に触れながら
自分の中に生まれる音楽を表現する術を見つけていきます。

そして、自分の中に生まれる音楽を、より適切な形で、
より洗練された技法によって表現して行きたいといったとき
作曲技法が活用されるのです。


作曲技法とはなんでしょうか?

ここで有名なものについていくつかお話しておきましょう。

「旋律」
いわゆるメロディーについての考え方です。
楽器ごとに旋律のあり方は異なってきます。
例えば歌のための旋律と、ピアノのための旋律には
異なる考え方が適用されます。

「リズム」
リズムや拍子は、音楽様式に深く結びついています。
例えば舞曲などはリズムに大きく依っていると言えるでしょう。

「和音」
これは和音に関する考え方です。
和音を簡単に表す記号としてコードなどがあります。

「和声学」
これは和音のつなげ方に関する考え方です。
和音が変化するとき、その中ではどういう音の変化が起きているのか、
その変化によってどのような機能や色彩の変化が起こるのか、
ということが古くから語られてきました。
和音だけではなく、和音の繋がり、機能を考えることで、
大編成の楽曲における和音のありかたを考えられるようになります。

「対位法」
これは古くからつたわる作曲技法で、
今は旋律に和音をつけた音楽がよく聞かれていますが、
古くは旋律に対して他の旋律を同時に鳴らす音楽が広く親しまれていました。
対位法とはこの、旋律対旋律の考え方を厳密に考えていくときに使われます。
これを知ることで、ある主旋律に対して綺麗なハモリを作ったり、
そのハモリに対して更に異なるハモリを付けることによって、
壮大で複雑な響きを導きだすことができるようになります。


これらは作曲技法の基本的なものです。
例えば「和音」や「和声」に関しては様々な流派が存在し、
藝大和声や大和声学、フランス和声と呼ばれるものなど様々です。

コードではジャズについてのものや、有名なのではバークリーメソッドなどがあります。

そのほかにも現代的な音楽のための考え方、
無調に関するもの、音律に関するものなどなど、様々な理論が常に生み出されています。

こういったものは、学び始めるときりがないと言えるでしょう。
しかし常に興味を持ち続けることによって、
自分が作りたい音楽とはどういうものなのか、ということを深く問い直すことができるでしょう。

作曲を勉強するとは、自分だけの視点ではない、
人類が築き上げた多様な価値を学ぶことであり、
それによって自らの感性が洗練され、新たな価値を提案する力とすることなのではないでしょうか。

 

(2014年5月8日(木) 19:25)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

大学院で音楽教育を専修。基礎の基礎~DTMでの作曲まで、納得のレッスン

ヨシダ作曲/編曲スクール
吉田亮太 (作曲・編曲)

東静岡・静岡・焼津・藤枝・菊川・ジヤトコ前(ジヤトコ1地区前)・新静岡・古庄・御門台

ブログ記事 ページ先頭へ