全国5万人が受講している「サイタ」

漫画描き方教室・学校

漫画描き方教室・学校を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

趣味の習い事漫画描き方教室神奈川 漫画原稿添削レクチャー スクールブログ 参考書「漫画の...

参考書「漫画のスキマ」は上級者向け

生徒さんが、
「『漫画のスキマ』というホンを読んでみたけど、よくわからなかったのでレッスンを受けようと思った」
と言ってみえました。


私は読んだことがなかったのですが、
気になったので買ってみました。
著者はこれまでに何冊も漫画の指南書を書かれている菅野博之さん。
そう言えば私も若手の頃、菅野さんの『快描教室』を持っていました。


さて、『漫画のスキマ』の中身はというと、
漫画の描き方ではなく、
「漫画を描ける人がレベルアップのために読む本」
というものでした。
まったく漫画を描いたことがない先ほどの生徒さんがわからなかったと言うのは当たり前だなと感じました。
「難解」「プロ寸前の人が読む本」と評しているレビューも見受けられました。


具体的な内容は、
読者の「視点誘導」と視線にからめたテクニックについて多くページを割いています。
でもこれは、
マンガ家に必要な最後の最後のテクニックです。
このへんを意識せず描いている作家さんもたくさんいます。
初心者の方が読むと考えることが多くなって混乱すると思います。


菅野博之さんの本は、
初級『快描教室』
中級『漫々快々』
上級『漫画のスキマ』
となっているようです。
初心者の方は『快描教室』から読んでみてはいかがでしょう。

参考書「漫画のスキマ」は上級者向け

(2016年10月24日(月) 11:41)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ジャンプ連載のアシスタントも!独自のテキストで手厚く指導。業界裏話まで

漫画原稿添削レクチャー
浅上えっそ (漫画)

品川・横浜・渋谷・新宿・池袋・溝の口・稲田堤・新横浜・長津田・町田・相模大野・中央林...

ブログ記事 ページ先頭へ