全国5万人が受講している「サイタ」

漫画描き方教室・学校

漫画描き方教室・学校を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

趣味の習い事漫画描き方教室神奈川 漫画原稿添削レクチャー スクールブログ ネーム段階の添...

ネーム段階の添削がオススメ!致命傷になる「夢エネルギー」の浪費とは!?

もしこれから新作を描こうとしている方がいらっしゃいましたら、
完成原稿の前に、ネームの段階で一度私の添削を受けてみられることをオススメします。


理由は簡単で、
完成原稿を直すのは一苦労だからです。
一苦労の修正ですめばいいですが、
根本的な問題があるとなれば、全原稿描き直さないと修正できないということだってありえます。
だとすれば、その原稿を描くための莫大な労力はなんだったんだということになります。


無駄な労力を使わないためにも、
一度ネームの段階でプロの意見を聞いておくのは非常に大事なことです。


私の経験上、夢を追っている人間の「夢エネルギー」は無限ではありません。
漫画賞に応募し、出してボツ、出してボツを繰り返していくうちに、
次第に「夢エネルギー」がそがれ、描くモチベーションが下がっていきます。
そして描く回数を重ねて「夢エネルギー」とモチベーションがゼロになったときに、
みんな漫画家という夢から離脱していきます・・・。


私もこの「夢エネルギー」の消費を肌で感じた経験があります。
夢を持った人間もエネルギーが無尽蔵に沸いてくるわけではありません。
夢を叶えるためのエネルギーは有限です。
ですからそのエネルギーを無駄に使わないためにも、
完成原稿ではなくネームの段階でプロの添削を受け、、
よりよいネームになってから原稿に入るべきだと私は思います。


もちろん、ネームの前のプロットの段階でプロの意見を聞いておくのが一番確実ですね。
最初の段階から自信がないなあという方は、
プロットの添削を検討してみてはいかがでしょうか^^




画像は受賞作「まげちょん」の主人公の下描きとペン入れ後。
このあと修正入れて完成です。

ネーム段階の添削がオススメ!致命傷になる「夢エネルギー」の浪費とは!?ネーム段階の添削がオススメ!致命傷になる「夢エネルギー」の浪費とは!?

(2016年8月7日(日) 1:42)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ジャンプ連載のアシスタントも!独自のテキストで手厚く指導。業界裏話まで

漫画原稿添削レクチャー
浅上えっそ (漫画)

品川・横浜・渋谷・新宿・池袋・溝の口・稲田堤・新横浜・長津田・町田・相模大野・中央林...

ブログ記事 ページ先頭へ