全国5万人が受講している「サイタ」

漫画描き方教室・学校

漫画描き方教室・学校を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

趣味の習い事漫画描き方教室神奈川 漫画原稿添削レクチャー スクールブログ 【画像】コマ割...

【画像】コマ割りの例とコマ割りの意味

原稿添削の例をご紹介。
画像を見てみてください。

この生徒さんはとても絵がうまいので、
絵の直しはほとんどありません。
セリフの直しや構図の直しが少しあるだけでした。

原稿の上のコマは、
その他大勢の人たちが初登場なのに顔が見えてなかったので、
読者は少し安心できない気持ちになります。
どういう人たちかわかりません。
見せられるのに見せてないとハテナと思ってしまします。
次のコマで顔がわかるのですが、
なるべく早く見せてやるほうが安心できます。

ですので、
顔がわかる構図の例をその上に描いています。
主人公側のリアクションとその他大勢の顔、
両方見せられる構図はあるので、そこを模索してみました。

上のコマの構図を直すと、
その下のコマの構図と似てくるので、
結果、下のコマの構図も変更になります。

コマの構図には、
・読者にわからせる意味

・より心に響かせる意味
のふたつがあります。
今回は読者にわからせる意味のほうですね。
次のブログでは、
より心に響かせる意味の例を載せます。

【画像】コマ割りの例とコマ割りの意味

(2016年7月31日(日) 0:56)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ジャンプ連載のアシスタントも!独自のテキストで手厚く指導。業界裏話まで

漫画原稿添削レクチャー
浅上えっそ (漫画)

品川・横浜・渋谷・新宿・池袋・溝の口・稲田堤・新横浜・長津田・町田・相模大野・中央林...

ブログ記事 ページ先頭へ