全国5万人が受講している「サイタ」

漫画描き方教室・学校

漫画描き方教室・学校を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

趣味の習い事漫画描き方教室大阪 はなの漫画描き方教室 スクールブログ これでこそ個人...

これでこそ個人レッスン!

こんにちは。藤井はなです。
今日は専門学校と個人レッスンについて私なりの考えをお話しします。

もちろん新人漫画家さんの中には、本やインターネットを使い独学でデビューまで行ける方もいます。そういう方は専門学校も個人レッスンも必要ありません。ですがこのページを開いている方は、独学に限界を感じ、誰かに教わりたいと思っている方ですよね。

今回は、私が個人レッスンを勧める理由をお話しします。


まず、専門学校では、全員のレベルに合わせた授業をします。中には個性を出しづらい授業もあります。大勢を相手に授業をするので、個人個人を細かく見れないからです。

次に、専門学校だと自分が学びたい系統の漫画を描く先生がいないことがあります。少女漫画を描きたいのに少女漫画の先生がいない。ホラー、ギャグを描きたいのにその先生がいない。せっかくお金を払って授業を受けるのに、聞きたいことが聞けずもどかしい思いをすることもあります。

そして、社会人だと仕事を辞めて学校へ入学するのはハードルが高いです。逆を言うと、仕事を辞めて漫画に集中できる期間に当てることはできますね。

ここまでの話は、何も専門学校が悪いという意味で言っているのではありません。というのも、私自身が専門学校の漫画コースを卒業したからです。

良かった点は、仲間ができたことや、漫画を描く時間を作れたこと、そして技術を学べたことなどたくさんあります。

漫画の勉強方法に正解はありません。専門学校で学べることも大切なことだと思います。

ではどうして私が個人レッスンを進めるかについて、次の記事でお話しますね。

 

(2015年9月6日(日) 9:06)

次の記事

この記事を書いたコーチ

アナログ派もデジタル派も歓迎!実体験を元に教えるデビューへの近道

はなの漫画描き方教室
藤井はな (漫画)

新大阪・梅田/大阪・尼崎(JR)・南方

ブログ記事 ページ先頭へ