全国5万人が受講している「サイタ」

漫画描き方教室・学校

漫画描き方教室・学校を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

趣味の習い事漫画描き方教室大阪 マンガ描き方教室 スクールブログ マンガを描くの...

マンガを描くのはむずかしいことか?

なんとなく敷居の高いイメージのあるマンガ制作ですが、
実際にはそんなことはありません。

そりゃあ、絵がキレイでそれだけでも見る価値があるようなマンガも世の中にはたくさんあって、しかもそれでいて面白かったりするものもあるわけですから、
そうした作品を理想にしてしまうと踏み出すのは躊躇するかもしれません。

でも、皆さんが慣れ親しんでいるマンガという文化、作品のなかには
かならずしもため息の出るような美麗な絵のものばかりではないと思います。
「これくらいなら私にだって描けるんじゃ?」と思うようなマンガってないですか?

ではそれらはなぜマンガとして成立し、読まれているのか?

マンガはアイデア、お話、絵、文体、資料的価値、雰囲気、読みやすさ、センス、話題性など、さまざまな要素が重なりあってひとつの作品となる、奥の深い世界です。

個人的には世の中で売れている、著名なマンガ作品はこれらの要素をものすごく上手く構成していて、まぐれでヒットしたわけではないということがわかります。

皆さんは、マンガを描いてみたいと思っても、どうやってお話をつくったり、どういう風に描いたらいいかわからない、なんてあきらめたりしていませんか?

でも、皆アイデアやセンスだけで描いてるわけではないのです。
スキルや知識を学んでいけば、誰にでもマンガは描ける、私はそう思っています。

 

(2015年1月31日(土) 16:01)

次の記事

この記事を書いたコーチ

趣味でも仕事でも、幅広くアドバイス。現役プロが教える上達のコツとは?

マンガ描き方教室
豊川樹 (漫画)

梅田/大阪・難波・中崎町

ブログ記事 ページ先頭へ