全国5万人が受講している「サイタ」

カラーコーディネーター2級講座(検定試験対策)

カラーコーディネーター2級講座(検定試験対策)を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

資格取得講座カラーコーディネーター講座カラーコーディネーター2級愛知 色彩調和カラーコディネーターの基礎 スクールブログ ちょっと 一息...

ちょっと 一息 ふ~っ

カラーコーディネーター試験まで、あと3週間ですね!

ここでちょっと 一息
カラーの話題を 2つほど

①カラーセラピーって?
色をスピリチュアルとして扱うのではなく、色彩心理をベースとしたカウンセリングツール
色は、私たちの心を映す鏡。何となく選んだ色も意識して選んだ色もすべて選んだ方の必要な色エネルギーです。

カラーセラピストは、選択された色の内側、外側、パーソナルキャラクターからのメッセージ
(色彩言語)を読み取り、人の心身のストレス軽減することに努めます。

何となく選んだ色が・・・・結構 自己投影していて びっくりします。
もしCytaの体験いただけましたら 是非 やらさせてもらいたいです。

②カラー調査(自動車 ボディカラー)
あるメーカー様が、世界主要国で、街頭カラー調査を やられた結果の概要です。

日本:ホワイト、グレー、黒 これだけで 70%以上 有彩色では、青が多い
中国:ホワイト、グレー、黒で70% 有彩色では、赤 次に 青が多い
東南アジア:ホワイト、グレー、黒で70%以上 
ヨーロッパ:ホワイト、グレー、黒で70%以上 有彩色では、青が多い。

無彩色中でも ホワイト系が、多い国、黒系が多い国があり、
国、地域、歴史、文化、緯度により、好まれる色、きれいに見える色が、異なります。
このように、時事調査、トレンド調査から 次世代のカラーが、作られていきます。

今回は、カラーを活かしての内容でした。


 

(2013年11月12日(火) 20:28)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

パーソナルカラーアナリストのゴールド称号取得。日常のセンスアップを応援

色彩調和カラーコディネーターの基礎
一楽俊哉 (カラーコーディネーター2級)

名古屋・金山・刈谷・大府・南大高・神宮前・豊田市・赤池・栄・久屋大通・丸の内・原・国...

ブログ記事 ページ先頭へ