サイタ資格取得講座カラーコーディネーター講座カラーコーディネーター2級東京 最短カラーコーディネーター2級講座 スクールブログ 色の情緒性 2

色の情緒性 2

色が心に与える効果=「色の感情効果」は、その色がついているモノのイメージと深くかかわっています。

例えば、緑。

緑色のモノの代表といえば、植物の葉です。

「葉っぱは緑」
「葉っぱはさわやか」
「緑はさわやか」

という、三段論法により、緑という色自体が、さわやかなイメージをもつようになったのです。

もしも、葉っぱがふつう赤い色だったら、赤が「さわやかな色」の代表格になっていたでしょう。

色の持つイメージが、もともとどこからきたものなのか、ひとつひとつ考えてみるのも面白いかもしれません。

黒 → 暗闇 → 不気味

とか

茶 → 木材 → ナチュラル

とか。

昔はいまのように人工的な色はなく、自然の中に色があふれていました。
そんなことを想像しながら、色のイメージの原点に、すこし思いを馳せてみてください。

 

(2013年6月14日(金) 23:24)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

武蔵野美大卒!インテリアに精通、東大で居住空間の研究発表も

新着記事

色は、人間の心にさまざまな影響をあたえるため、その感情効果についてはさまざまな研究がされてきました。 その研究のさいに用いられる手法に【SD法】があります。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー SD法【semantic differential scale method...

色が心に与える効果=「色の感情効果」は、その色がついているモノのイメージと深くかかわっています。 例えば、緑。 緑色のモノの代表といえば、植物の葉です。 「葉っぱは緑」 「葉っぱはさわやか」 「緑はさわやか」 という、三段論法により、緑という色自体が、さわやかなイメ...

こんにちは! 「最短カラーコーディネーター2級講座」講師の服部です。 前回、「色のない世界って、つまらなそうだな」と感じることが「色の情緒性」に関係するというお話をしました。 「つまらない」の反対って、なんでしょう? うれしい、楽しい、面白い、すがすがしい、悲しい、腹立たし...

こんにちは! 「最短カラーコーディネーター2級講座」講師の服部です。 2級テキストを開くと、まずはじめに「色の働き」として「識別性」と「情緒性」の2つかある、ということが書いてあります。 「識別性」って、ふだんあまり使わない言葉ですよね。 つまり、「あれは赤」「これは青」と...

こんにちは、 「最短カラーコーディネーター2級講座」講師の服部奈々子です。 今回から、2級試験(テキスト)の構成を、具体的に読み解いていきます。 永久保存版ですよ。 前回、「別々に発展してきた色彩に関する分野が、各章に分散されている」 というお話をしました。 で...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、カラーコーディネーター2級レッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ