全国5万人が受講している「サイタ」

カラーコーディネーター2級講座(検定試験対策)

カラーコーディネーター2級講座(検定試験対策)を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

資格取得講座カラーコーディネーター講座カラーコーディネーター2級東京 最短カラーコーディネーター2級講座 スクールブログ 2級試験の構成...

2級試験の構成を読み解く(3)文系/理系

こんにちは、
「最短カラーコーディネーター2級講座」講師の服部奈々子です。

今回から、2級試験(テキスト)の構成を、具体的に読み解いていきます。

永久保存版ですよ。


前回、「別々に発展してきた色彩に関する分野が、各章に分散されている」
というお話をしました。

では、テキストの目次に、従来の学問分野をあてはめてみましょう。


第1章 カラーコーディネーションの意義
 1 色彩の情緒性と識別性
 2 カラ−コ−ディネ−ションに求められる基本的要素
 3 商業行為における活用と考慮事項
第2章 色彩の歴史的発展と現状
 1 色彩科学の歴史的展開  ー歴史
 2 近代デザインと色彩   ー歴史
 3 民族と色彩       ー民俗学
 4 自然界の色彩的特徴   ー生物学、化学、地学
第3章 生活者の視点からの色彩
 1 「色の見え」に影響を与える要因 ー心理学、生理学
 2 色彩と照明       ー物理学
 3 照明による色彩の演出  ー物理学
 4 分光分布と色彩知覚   ー生理学
 5 色彩の法的規制     ー法学
第4章 生産者の視点からの色彩
 1 色材の基礎知識     ー化学
 2 色の測定と表示     ー物理学
 3 色の差の測定と表示   ー物理学
 4 流行色         ー社会学
第5章 カラーコーディネーターの視点
 1 カラ−リサ−チの理論と手法  ー経済学
 2 カラ−コミュニケ−ション   ー工学
 3 色の意味と配色         ー心理学
 4 色彩調和           ー心理学
 5 自動配色の展開手法      ーデザイン学
 6 配色の類型と用語       ー心理学
 7 カラ−コ−ディネ−ションの実例

 

(2011年8月24日(水) 19:35)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

武蔵野美大卒!インテリアに精通、東大で居住空間の研究発表も

ブログ記事 ページ先頭へ