全国5万人が受講している「サイタ」

カラーコーディネーター2級講座(検定試験対策)

カラーコーディネーター2級講座(検定試験対策)を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

資格取得講座カラーコーディネーター講座カラーコーディネーター2級東京 初めてのカラーコーディネーター検定 スクールブログ カラーコーディ...

カラーコーディネーター検定 一人で学習~その2~

さて、私の独学合格体験記(?)その2です。

一回通読してみると、公式テキストの読みづらさに気づくはずです。

まったくの素人が読むには飽きてしまうんですね(^^;)

何しろ、あまり色がない絵がない、字が小さい…と、勉強するにはとっつきにくい教科書の要素をすべて持っているので。

また、後半になると「あれ?前にも読んだ気がする」といった感じになるかと思います。

何回も同じ語句がでてきたり、同じ語句の説明なのに表現が違っていたり…という箇所がでてきます。各単元ごとに違う先生が執筆されているので、そのような現象があるのです(例:SD法)。

これ、逆に言うと分かりやすいんです。

違う先生、つまり何人もの人がその語句(内容)に言及しているということは、それだけ大事な箇所だということです。

さて、通読したことで、なんとなく公式テキストの雰囲気と、自分が苦手としそうな単元がわかったかと思います。

そこで、次はじっくりテキストを読みます。

あ、その前に、一冊問題集のご用意を。公式問題集でなくてもかまいません。

ただし、以下の条件を満たした問題集であること。

1.カラー刷りであること。

いつも言いますが、カラーの試験です。白黒なんて論外です。問題集でも、ポイント解説がついているものがほとんどですから、カラー刷りであればちょっとした参考書にもなります。

2.解答が問題と同じページに記載されていないこと。

よく、同じページの下部に逆さまに書かれているものを見かけますが、「ちょっと見ちゃえ」と思って見たくなるのが人間ってもんです。できれば、解答が取り外し可能になっているものがいいと思います。

では、次回は実際の学習に関して。

 

(2011年7月22日(金) 16:59)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

開業、セミナー開催!効率的勉強法~つまづきポイントまでフルサポート

ブログ記事 ページ先頭へ