サイタ資格取得講座カラーコーディネーター講座カラーコーディネーター2級東京 初めてのカラーコーディネーター検定 スクールブログ カラーコーディ...

カラーコーディネーター検定 一人で勉強~その1~

ここ何回か、学習方法に関しての質問をいただきました。

一人で勉強していると不安なんですよねぇ…本当に小さいことなんですけど、用語によっては「色」を「しき」と読んだり「しょく」と読んだりします。

もう、これだけでつまづいてしまいます。口頭試問があるわけじゃないので、どう読んでもかまわないんですけど(^^;)

そこで、今回は私の勉強法を。

私もズブの素人でしたが、三ヶ月の独学で合格しました(2級)。

これから冬の試験に向けて学習を始められる方もいらっしゃるでしょう。

少しでも参考になればいいなぁ~と思います(^^)


まず、公式テキストを最初から最後まで通読します。順番もとりあえず、第一章からでかまいません。

私は風呂場で半身浴をしながら読みました。だいたい2週間で読み終わりました。この段階では、意味なんか分からなくて大丈夫です。

できれば、鉛筆を持って読んでください。

そして、意味が分からなかった箇所に線を引きます。鉛筆なので汚くても大丈夫です。

次回、読んだときに「そういえばここが読めなかったな。分からなかったな」ということが分かるようにしてあるだけですから、線だらけになってもOKです。

この時点で重要ポイントかどうかなんて分かるはずありませんから、自分だけの記憶の目印です。

とりあえず2週間を目安に読んでください。

 

(2011年7月20日(水) 20:26)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

開業、セミナー開催!効率的勉強法~つまづきポイントまでフルサポート

新着記事

最後は、過去問を解きます。 過去問題集は、けっこうギリギリになってからでないと最新版は手に入らないと思いますが、いいんです。最後の仕上げですから。過去問に取りかかるのは試験一ヶ月前でOKです。 過去問は、実際に試験のつもりで取り組みます。 これまでの学習方法とは異なります。 ...

テキストを見ながら問題集を解くという学習がひととおり終わったら、今度はテキストを見ずに問題集を解きます。 今回の答え合わせは、間違った箇所だけ前回のペンとは違う色のペンでアンダーラインを引きます。 前回の蛍光ペンの上をなぞるようになってしまいますので、色のついたボールペンでアンダー...

今回は、前回予告いたしましたとおり、学習するにあたってのテキスト分割に関して。 本当にバラバラにはしないでね。してもいいけど。 章ごとに学習すると、学習量(テキストのページ数)にかなりの違いが出てきます。そこで、学習しやすいように下記のように分けました。 1.第1章と第2章?...

さ、手元に公式テキストとカラー刷りの問題集が一冊用意されました。 テキストは一回通読し、自分的に引っかかった箇所には鉛筆でラインが引かれています。 ここからは、問題集と公式テキストの両方を使って、学習スタートです! まず、問題集で公式テキスト第一章「カラーコーディネーションの...

さて、私の独学合格体験記(?)その2です。 一回通読してみると、公式テキストの読みづらさに気づくはずです。 まったくの素人が読むには飽きてしまうんですね(^^;) 何しろ、あまり色がない絵がない、字が小さい…と、勉強するにはとっつきにくい教科書の要素をすべて持っているので。 ...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、カラーコーディネーター2級レッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ