全国5万人が受講している「サイタ」

カラーコーディネーター1級講座(検定試験対策)

カラーコーディネーター1級講座(検定試験対策)を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

資格取得講座カラーコーディネーター講座カラーコーディネーター1級大阪 まち・カラーコーディネーター講座 スクールブログ 空の色と地域に...

空の色と地域について

「青空」というと、どんな色を想像しますか?

恐らく誰しも迷いなく思い描くことの出来る色だと思います。

想像したのはどんな青ですか?

この答えは、生まれ育った地域によって異なるのです。

一年を通して晴れが多い瀬戸内や太平洋側の地域、また海外では南の国々などからっとした地域においては、爽やかに澄んだ名前の通りスカイブルーのような「青」をイメージするでしょう。

対して、荒々しい男海と言われる日本海側の地域、また北国や湿度の多い地域においては、少し柔らかい印象のコバルトブルーのような「青」をイメージするようです。

どちらの青を思い浮かべましたか?

ちなみに私がいつも絵の具で塗っていた青空はスカイブルーの空でした。

大阪がどちらの地域に属すのかはわかりにくいですが、幼い頃の楽しい晴れの日がきっとそんな空だったのでしょうね。

このように、人によっても地域によっても同じ「青空」を全く違う色で表現できます。

色って面白いですね。

 

(2014年2月28日(金) 1:24)

次の記事

この記事を書いたコーチ

町並みのカラーコーディネートも!センスに頼らない「基本」をゼロから

ブログ記事 ページ先頭へ